「定年後」楠木新著

公開日:

 平均寿命から試算すると、60歳で定年した場合、その後の自由時間は実に8万時間にも及び、会社員時代の総実務労働時間よりも多くなるそうだ。しかし、定年後の人生をイキイキと過ごしている男性は全体の2割にも満たない。本書は、生命保険会社に36年間勤務した著者が、自らの体験を織り交ぜながら、定年後に直面する現実を明かし、充実した後半生を過ごすためのヒントを伝える生き方ハンドブック。

 日本人男性は、定年後に世界一孤独になると指摘。そうならないためには、会社中心の働き方から修正する必要があると説く。大学や大学院でかねて興味があったことを研究し始めた人や、地域で活動する人など、先輩たちの例を数多く紹介する、第二の人生を考える中高年必読の書。(中央公論新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る