• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「定年後」楠木新著

 平均寿命から試算すると、60歳で定年した場合、その後の自由時間は実に8万時間にも及び、会社員時代の総実務労働時間よりも多くなるそうだ。しかし、定年後の人生をイキイキと過ごしている男性は全体の2割にも満たない。本書は、生命保険会社に36年間勤務した著者が、自らの体験を織り交ぜながら、定年後に直面する現実を明かし、充実した後半生を過ごすためのヒントを伝える生き方ハンドブック。

 日本人男性は、定年後に世界一孤独になると指摘。そうならないためには、会社中心の働き方から修正する必要があると説く。大学や大学院でかねて興味があったことを研究し始めた人や、地域で活動する人など、先輩たちの例を数多く紹介する、第二の人生を考える中高年必読の書。(中央公論新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る