JA全中が安倍政権に狙われ、解体された理由

公開日:  更新日:

 今年8月、全国農業協同組合中央会(JA全中)を一般社団法人化する改正農協法が、参院本会議で可決、成立した。“国内農業の競争力強化を図る”という名目の下、安倍政権が強引ともいえる手法で推し進めてきた農協改革。飯田康道著「JA解体」(東洋経済新報社 1500円+税)では、改革の内容とその背景を解説している。

 1954年に設置されたJA全中は、JAグループの中心に位置する組織であるが、農産物の販売や生産資材の供給といった経済活動は行っていない。地域農協への経営指導や監査に加え、JAグループの司令塔としての役割が主だ。

 しかし、JA全中の在り方は時代遅れとなった。地域の実情に即した農業が求められる昨今では、画一的な経営指導は意味をなさず、JAグループ内部からも、“JA全中は何もしていない”という批判が高まっていた。さらに、JA全中が手掛ける農協監査についても、公認会計士監査と比較して、質が劣り独立性も欠くという批判が、金融業界などから絶えなくなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る