JA全中が安倍政権に狙われ、解体された理由

公開日:  更新日:

 今年8月、全国農業協同組合中央会(JA全中)を一般社団法人化する改正農協法が、参院本会議で可決、成立した。“国内農業の競争力強化を図る”という名目の下、安倍政権が強引ともいえる手法で推し進めてきた農協改革。飯田康道著「JA解体」(東洋経済新報社 1500円+税)では、改革の内容とその背景を解説している。

 1954年に設置されたJA全中は、JAグループの中心に位置する組織であるが、農産物の販売や生産資材の供給といった経済活動は行っていない。地域農協への経営指導や監査に加え、JAグループの司令塔としての役割が主だ。

 しかし、JA全中の在り方は時代遅れとなった。地域の実情に即した農業が求められる昨今では、画一的な経営指導は意味をなさず、JAグループ内部からも、“JA全中は何もしていない”という批判が高まっていた。さらに、JA全中が手掛ける農協監査についても、公認会計士監査と比較して、質が劣り独立性も欠くという批判が、金融業界などから絶えなくなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る