「人間の値打ち」鎌田實著

公開日:

 格差社会や上司のパワハラなどで、「自分には生きている値打ちがない」と思わされている人や、その結果、うつ病や自殺に追い込まれる若者たちが増えている。本書は、地域医療、そして被災地での支援活動に携わってきた著者が、「人間の値打ち」とは何かについて考察した生き方エッセー。

 高齢者を財政のお荷物扱いする政治家の発言や、税金の無駄だと障がい者を殺害した犯人、その犯行に同調する人々など、根源的な人間の価値が軽んじられている現状を憂う。一方で都会の生活に嫌気が差して家族とともに八ケ岳の山麓に移住して便利屋を始めた男性や、傾きかけた企業を立て直したリーダーなど、出会ったさまざまな人物たちの生き方を紹介しながら人間の値打ちを決める7つの要素について語る。

(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る