「人間の値打ち」鎌田實著

公開日:

 格差社会や上司のパワハラなどで、「自分には生きている値打ちがない」と思わされている人や、その結果、うつ病や自殺に追い込まれる若者たちが増えている。本書は、地域医療、そして被災地での支援活動に携わってきた著者が、「人間の値打ち」とは何かについて考察した生き方エッセー。

 高齢者を財政のお荷物扱いする政治家の発言や、税金の無駄だと障がい者を殺害した犯人、その犯行に同調する人々など、根源的な人間の価値が軽んじられている現状を憂う。一方で都会の生活に嫌気が差して家族とともに八ケ岳の山麓に移住して便利屋を始めた男性や、傾きかけた企業を立て直したリーダーなど、出会ったさまざまな人物たちの生き方を紹介しながら人間の値打ちを決める7つの要素について語る。

(集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る