アラフォー麻生祐未 できちゃった結婚

公開日: 更新日:

<2004年3月>

 最近では名脇役として活躍している女優の麻生祐未。80年代のトレンディードラマ全盛期にはポスト夏目雅子と呼ばれるほどの人気だったが、04年にはアラフォーのデキ婚が話題になった。

 02年7月、麻生(当時38)と俳優の永澤俊矢(当時40)が行列ができる恵比寿のラーメン店で仲良く食事する姿を居合わせた客が目撃した。朝ドラ「ほんまもん」で2人が夫婦を演じた直後であり、「この2人、本物の夫婦だったっけ?」と思ったという。麻生はデビュー直後、故・森田芳光監督や奥田瑛二らとの不倫が報じられたことはあるが、以降不思議と男性のウワサがなかった。そこでデート発覚でいよいよ結婚かと騒がれた。

 それから1年8カ月後の04年3月。マスコミ各社に連名による結婚報告のファクスが事務所を通じて送られてきた。そこには3月18日に入籍したことに加え、「麻生は7月出産予定の為、しばらくは仕事を休ませて頂く所存でございます」と妊娠の報告があった。この時、妊娠6カ月だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    東山紀之 マッチの退所を痛烈批判"すごく薄っぺら”の真意

  9. 9

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る