アラフォー麻生祐未 できちゃった結婚

公開日:  更新日:

<2004年3月>

 最近では名脇役として活躍している女優の麻生祐未。80年代のトレンディードラマ全盛期にはポスト夏目雅子と呼ばれるほどの人気だったが、04年にはアラフォーのデキ婚が話題になった。

 02年7月、麻生(当時38)と俳優の永澤俊矢(当時40)が行列ができる恵比寿のラーメン店で仲良く食事する姿を居合わせた客が目撃した。朝ドラ「ほんまもん」で2人が夫婦を演じた直後であり、「この2人、本物の夫婦だったっけ?」と思ったという。麻生はデビュー直後、故・森田芳光監督や奥田瑛二らとの不倫が報じられたことはあるが、以降不思議と男性のウワサがなかった。そこでデート発覚でいよいよ結婚かと騒がれた。

 それから1年8カ月後の04年3月。マスコミ各社に連名による結婚報告のファクスが事務所を通じて送られてきた。そこには3月18日に入籍したことに加え、「麻生は7月出産予定の為、しばらくは仕事を休ませて頂く所存でございます」と妊娠の報告があった。この時、妊娠6カ月だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る