32歳白血病で亡くなった中川翔子の父 勝彦

公開日:  更新日:

<1994年9月>

 80年代初頭、当時としては珍しいビジュアル系マルチタレントとしてミュージシャン、俳優、声優と多彩な活動を行い、人気を集めた中川勝彦。急性白血病で32歳の若さで亡くなったのは94年9月のこと。私生活を表に出していなかった中川には当時、9歳になる娘がいた。娘はその後、しょこたんこと中川翔子としてブレークするが、父親が勝彦であることも明らかにされ、驚いた人も多かった。

 しょこたん人気に押される形で2000年代半ば以降、中川の過去の活動や闘病中に出版した絵本にも再び注目が集まった。

 中川は慶応大在学中の84年2月にデビュー。音楽活動を続けながら映画やテレビで活躍していたが、間もなくデキちゃった婚。85年5月には娘を授かった。しかし、アイドル路線で売り出していた中川は子どもが生まれたことはおろか、結婚したことも親しい友人や信頼できる関係者にしか知らせておらず、世間では中川は独身であると思われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る