• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

32歳白血病で亡くなった中川翔子の父 勝彦

<1994年9月>

 80年代初頭、当時としては珍しいビジュアル系マルチタレントとしてミュージシャン、俳優、声優と多彩な活動を行い、人気を集めた中川勝彦。急性白血病で32歳の若さで亡くなったのは94年9月のこと。私生活を表に出していなかった中川には当時、9歳になる娘がいた。娘はその後、しょこたんこと中川翔子としてブレークするが、父親が勝彦であることも明らかにされ、驚いた人も多かった。

 しょこたん人気に押される形で2000年代半ば以降、中川の過去の活動や闘病中に出版した絵本にも再び注目が集まった。

 中川は慶応大在学中の84年2月にデビュー。音楽活動を続けながら映画やテレビで活躍していたが、間もなくデキちゃった婚。85年5月には娘を授かった。しかし、アイドル路線で売り出していた中川は子どもが生まれたことはおろか、結婚したことも親しい友人や信頼できる関係者にしか知らせておらず、世間では中川は独身であると思われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る