32歳白血病で亡くなった中川翔子の父 勝彦

公開日: 更新日:

<1994年9月>

 80年代初頭、当時としては珍しいビジュアル系マルチタレントとしてミュージシャン、俳優、声優と多彩な活動を行い、人気を集めた中川勝彦。急性白血病で32歳の若さで亡くなったのは94年9月のこと。私生活を表に出していなかった中川には当時、9歳になる娘がいた。娘はその後、しょこたんこと中川翔子としてブレークするが、父親が勝彦であることも明らかにされ、驚いた人も多かった。

 しょこたん人気に押される形で2000年代半ば以降、中川の過去の活動や闘病中に出版した絵本にも再び注目が集まった。

 中川は慶応大在学中の84年2月にデビュー。音楽活動を続けながら映画やテレビで活躍していたが、間もなくデキちゃった婚。85年5月には娘を授かった。しかし、アイドル路線で売り出していた中川は子どもが生まれたことはおろか、結婚したことも親しい友人や信頼できる関係者にしか知らせておらず、世間では中川は独身であると思われていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る