「みのもんた失脚=陰謀説」指摘 菅元首相の“”ありがた迷惑”

公開日: 更新日:

「ホテルオークラで70分もの記者会見をやり終えた後、鎌倉の自宅に戻ったのは夜更け。ホテル内でかなり痛飲してからの帰宅だったそうです」(関係者)

 次男が窃盗容疑などで逮捕され、TBSの報道番組「朝ズバッ!」「サタずばッ」の2番組を降板したみのもんた(69)。26日の会見では「不完全な形で世に送り出したとしたら、その責任は私にある」とコメント。最後は息子に向かって「バカヤロー!」と大声で怒鳴って会見を締めくくった。

「報道キャスターは昔から憧れだったと語っていたように、降板は忸怩(じくじ)たる思いでしょう。でも、テレビの世界を引退する気はさらさらない。“しゃべるという世界を命懸けで追求したい”“場を与えられたらさらに突き詰めたい”と話していたように捲土(けんど)重来を期すつもりです」(芸能リポーター)

 しかし、「やめなければならない風潮を感じていた」と話していたように、世間は四面楚歌(そか)……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る