• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

路線変更も? 主演ドラマ惨敗で心配な優香と仲間由紀恵の今後

 秋ドラマの残念な結果――。話題の女優が討ち死にしている。内容はそこそこでも視聴率の下がり方から立ち直れそうにないのは仲間由紀恵「ハニー・トラップ」(フジテレビ)、優香「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(日本テレビ)の2本。

「ハニー・トラップ」はAKIRA主演だが、どう見ても仲間のドラマで毎度のミステリアスな女を演じている。23時台放送で7%や6%はありえない数字ではないが、テーマの産業スパイと、仲間の存在、関係がチグハグな印象で、感情移入ができない。もっと下がる可能性もありそう。

「ハクバノ――」は23時59分からという遅い時間のドラマなので、視聴率は4~5%程度でも、失格の烙印(らくいん)を押されることはない。前期の「町医者ジャンボ!!」も平均5%に届かなかった。しかし、スタートの5.6%から3回ダウンし今週は2.6%まで下がった。こういうパターンは厳しい。内容は教師の恋愛もので優香の相手役は年下の三浦貴大という設定。主演が第1話放送の際に初めて明かされるという仕掛けも作ったが、結果には結びつかなかった。

 仲間にしても優香にしても、賞味期限切れという見方もできるが、例えば「リーガルハイ」(フジ)に出ている小雪や「ドクターX」(テレビ朝日)に出ている内田有紀のように脇に回って光るケースもある。仲間は次の朝ドラに2番手で出るが、そろそろ立ち位置を修正する段階では。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る