路線変更も? 主演ドラマ惨敗で心配な優香と仲間由紀恵の今後

公開日:  更新日:

 秋ドラマの残念な結果――。話題の女優が討ち死にしている。内容はそこそこでも視聴率の下がり方から立ち直れそうにないのは仲間由紀恵「ハニー・トラップ」(フジテレビ)、優香「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(日本テレビ)の2本。

「ハニー・トラップ」はAKIRA主演だが、どう見ても仲間のドラマで毎度のミステリアスな女を演じている。23時台放送で7%や6%はありえない数字ではないが、テーマの産業スパイと、仲間の存在、関係がチグハグな印象で、感情移入ができない。もっと下がる可能性もありそう。

「ハクバノ――」は23時59分からという遅い時間のドラマなので、視聴率は4~5%程度でも、失格の烙印(らくいん)を押されることはない。前期の「町医者ジャンボ!!」も平均5%に届かなかった。しかし、スタートの5.6%から3回ダウンし今週は2.6%まで下がった。こういうパターンは厳しい。内容は教師の恋愛もので優香の相手役は年下の三浦貴大という設定。主演が第1話放送の際に初めて明かされるという仕掛けも作ったが、結果には結びつかなかった。

 仲間にしても優香にしても、賞味期限切れという見方もできるが、例えば「リーガルハイ」(フジ)に出ている小雪や「ドクターX」(テレビ朝日)に出ている内田有紀のように脇に回って光るケースもある。仲間は次の朝ドラに2番手で出るが、そろそろ立ち位置を修正する段階では。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る