路線変更も? 主演ドラマ惨敗で心配な優香と仲間由紀恵の今後

公開日: 更新日:

 秋ドラマの残念な結果――。話題の女優が討ち死にしている。内容はそこそこでも視聴率の下がり方から立ち直れそうにないのは仲間由紀恵「ハニー・トラップ」(フジテレビ)、優香「ハクバノ王子サマ 純愛適齢期」(日本テレビ)の2本。

「ハニー・トラップ」はAKIRA主演だが、どう見ても仲間のドラマで毎度のミステリアスな女を演じている。23時台放送で7%や6%はありえない数字ではないが、テーマの産業スパイと、仲間の存在、関係がチグハグな印象で、感情移入ができない。もっと下がる可能性もありそう。

「ハクバノ――」は23時59分からという遅い時間のドラマなので、視聴率は4~5%程度でも、失格の烙印(らくいん)を押されることはない。前期の「町医者ジャンボ!!」も平均5%に届かなかった。しかし、スタートの5.6%から3回ダウンし今週は2.6%まで下がった。こういうパターンは厳しい。内容は教師の恋愛もので優香の相手役は年下の三浦貴大という設定。主演が第1話放送の際に初めて明かされるという仕掛けも作ったが、結果には結びつかなかった。

 仲間にしても優香にしても、賞味期限切れという見方もできるが、例えば「リーガルハイ」(フジ)に出ている小雪や「ドクターX」(テレビ朝日)に出ている内田有紀のように脇に回って光るケースもある。仲間は次の朝ドラに2番手で出るが、そろそろ立ち位置を修正する段階では。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る