続編ドラマが次々ヒット なぜ米倉涼子は“ハマリ役”が多いのか

公開日: 更新日:

 モデル上がりの大根役者が、いつのまにか大女優に化けていた。米倉涼子(38)が主演するテレビ朝日の連続ドラマ「Doctor―X~外科医・大門未知子」(木曜21時~)が好調だ。第2回放送の視聴率は23.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。堺雅人が変人弁護士を演じるフジテレビの「リーガルハイ」を抜き、今クールの最高を叩き出している。

 主人公はフリーランスの天才外科医。「私、失敗しないので」と自信満々に語る鼻っ柱の強さは、演技ウンヌンではなく説得力がある。視聴者が米倉に抱くイメージとズレがないのだ。普通にやれば、ハマリ役。これなら力不足が露呈する心配もないだろう。

 芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「米倉は『黒革の手帖』『交渉人~THE NEGOTIATOR』『ナサケの女~国税局査察官』に加え、今回の『Doctor―X』と4本の代表作があり、いずれもスペシャルやパート2などの続編が放送されています。そんな女優は彼女だけ。実績はピカイチです。最近は中高年男性がドラマの視聴率を押し上げている。彼らは、あの顔とスタイル、ミニスカ姿にやられているのです。今を代表する“いい女”ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る