• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堀尾正明が言葉を失った大滝秀治の“ふんどしトーク”

【堀尾正明の根掘り 葉掘り】

 前回は下調べをして会話に臨むことの効果をお話ししましたが、今回は下調べだけではどうにもならない、生ものとしてのインタビューについてお話しします。

 俳優の大滝秀治さんの出演作品は私もたくさん見ていましたし、エピソードも豊富な方ですので、いろいろなことをお聞きしようと念入りに準備をして、「スタジオパーク」本番に臨みました。大滝さんは戦争中、軍隊にいた経験がおありなので、その時代の話を振ると、あの独特の口調で「当時はみんなフンドシでな~」と、フンドシの思い出を語り始めました。「洗濯できなくて、フンドシにいろんなものがついてしまって汚いんだけどね~」と、昼食時にはそぐわない話を延々と始めてしまったのです。

 局には「昼めし時に汚い話題はやめてほしい」など苦情の電話が殺到したそうです。私もこの話題を長く続けるのはふさわしくないと感じていましたし、他にも俳優としての話題をもっとお聞きしたかったので、「ところで――」と、何度も何度も大滝さんの話の腰を折り、なんとか別の話題に変えて聞き始めました。ところが、大滝さんはいつの間にか、またそれをフンドシの話題に戻してしまうのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る