堀尾正明が言葉を失った大滝秀治の“ふんどしトーク”

公開日: 更新日:

【堀尾正明の根掘り 葉掘り】

 前回は下調べをして会話に臨むことの効果をお話ししましたが、今回は下調べだけではどうにもならない、生ものとしてのインタビューについてお話しします。

 俳優の大滝秀治さんの出演作品は私もたくさん見ていましたし、エピソードも豊富な方ですので、いろいろなことをお聞きしようと念入りに準備をして、「スタジオパーク」本番に臨みました。大滝さんは戦争中、軍隊にいた経験がおありなので、その時代の話を振ると、あの独特の口調で「当時はみんなフンドシでな~」と、フンドシの思い出を語り始めました。「洗濯できなくて、フンドシにいろんなものがついてしまって汚いんだけどね~」と、昼食時にはそぐわない話を延々と始めてしまったのです。

 局には「昼めし時に汚い話題はやめてほしい」など苦情の電話が殺到したそうです。私もこの話題を長く続けるのはふさわしくないと感じていましたし、他にも俳優としての話題をもっとお聞きしたかったので、「ところで――」と、何度も何度も大滝さんの話の腰を折り、なんとか別の話題に変えて聞き始めました。ところが、大滝さんはいつの間にか、またそれをフンドシの話題に戻してしまうのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る