堀尾正明が言葉を失った大滝秀治の“ふんどしトーク”

公開日: 更新日:

【堀尾正明の根掘り 葉掘り】

 前回は下調べをして会話に臨むことの効果をお話ししましたが、今回は下調べだけではどうにもならない、生ものとしてのインタビューについてお話しします。

 俳優の大滝秀治さんの出演作品は私もたくさん見ていましたし、エピソードも豊富な方ですので、いろいろなことをお聞きしようと念入りに準備をして、「スタジオパーク」本番に臨みました。大滝さんは戦争中、軍隊にいた経験がおありなので、その時代の話を振ると、あの独特の口調で「当時はみんなフンドシでな~」と、フンドシの思い出を語り始めました。「洗濯できなくて、フンドシにいろんなものがついてしまって汚いんだけどね~」と、昼食時にはそぐわない話を延々と始めてしまったのです。

 局には「昼めし時に汚い話題はやめてほしい」など苦情の電話が殺到したそうです。私もこの話題を長く続けるのはふさわしくないと感じていましたし、他にも俳優としての話題をもっとお聞きしたかったので、「ところで――」と、何度も何度も大滝さんの話の腰を折り、なんとか別の話題に変えて聞き始めました。ところが、大滝さんはいつの間にか、またそれをフンドシの話題に戻してしまうのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る