ダライ・ラマが作詞 日本人プロデューサーが仕掛けた仰天プロジェクト

公開日:  更新日:

♪ハンドレッド マイル ハンドレッド マイル――

「500マイルも離れて」を歌ったピーター・ポール&マリーといえば50代以上には懐かしい名前だろう。マリーは09年に白血病で亡くなってしまったが、ノエル・ポール・ストゥーキー(75)とピーター・ヤーロウ(75)はまだ現役で活躍中で、ピーターが「いじめ問題」を取り上げた新曲「決してあきらめないで」を引っ提げ、来日する。しかも、詞を提供したのは、あのチベット仏教の法王ダライ・ラマ14世というからビックリだ。

 この世界的ビッグプロジェクトを仕掛けたのは、音楽プロデューサーの山田廣作氏(72)。過去にゴダイゴで日中友好、天童よしみの「珍島物語」で、南北統一など壮大なスケールの楽曲を仕掛けてきたヤリ手だ。

 常日頃から日本のいじめ問題に心を痛めていた山田氏は昨年、たまたま都内で開かれたダライ・ラマの誕生パーティーに招かれた。そこで、日本代表部事務所を通じて法王に作詞を依頼したところ、意外や「すでに書いた素晴らしい詩がある」との返事。それが「決してあきらめないで」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る