ダライ・ラマが作詞 日本人プロデューサーが仕掛けた仰天プロジェクト

公開日: 更新日:

♪ハンドレッド マイル ハンドレッド マイル――

「500マイルも離れて」を歌ったピーター・ポール&マリーといえば50代以上には懐かしい名前だろう。マリーは09年に白血病で亡くなってしまったが、ノエル・ポール・ストゥーキー(75)とピーター・ヤーロウ(75)はまだ現役で活躍中で、ピーターが「いじめ問題」を取り上げた新曲「決してあきらめないで」を引っ提げ、来日する。しかも、詞を提供したのは、あのチベット仏教の法王ダライ・ラマ14世というからビックリだ。

 この世界的ビッグプロジェクトを仕掛けたのは、音楽プロデューサーの山田廣作氏(72)。過去にゴダイゴで日中友好、天童よしみの「珍島物語」で、南北統一など壮大なスケールの楽曲を仕掛けてきたヤリ手だ。

 常日頃から日本のいじめ問題に心を痛めていた山田氏は昨年、たまたま都内で開かれたダライ・ラマの誕生パーティーに招かれた。そこで、日本代表部事務所を通じて法王に作詞を依頼したところ、意外や「すでに書いた素晴らしい詩がある」との返事。それが「決してあきらめないで」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る