ダライ・ラマが作詞 日本人プロデューサーが仕掛けた仰天プロジェクト

公開日: 更新日:

♪ハンドレッド マイル ハンドレッド マイル――

「500マイルも離れて」を歌ったピーター・ポール&マリーといえば50代以上には懐かしい名前だろう。マリーは09年に白血病で亡くなってしまったが、ノエル・ポール・ストゥーキー(75)とピーター・ヤーロウ(75)はまだ現役で活躍中で、ピーターが「いじめ問題」を取り上げた新曲「決してあきらめないで」を引っ提げ、来日する。しかも、詞を提供したのは、あのチベット仏教の法王ダライ・ラマ14世というからビックリだ。

 この世界的ビッグプロジェクトを仕掛けたのは、音楽プロデューサーの山田廣作氏(72)。過去にゴダイゴで日中友好、天童よしみの「珍島物語」で、南北統一など壮大なスケールの楽曲を仕掛けてきたヤリ手だ。

 常日頃から日本のいじめ問題に心を痛めていた山田氏は昨年、たまたま都内で開かれたダライ・ラマの誕生パーティーに招かれた。そこで、日本代表部事務所を通じて法王に作詞を依頼したところ、意外や「すでに書いた素晴らしい詩がある」との返事。それが「決してあきらめないで」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る