元関取の玉海力 ちゃんこ店大繁盛させた“スゴ腕”経営テク

公開日:  更新日:

 四股名通り、並外れた怪力を武器に大相撲で活躍した玉海力剛さん(47)。95年九州場所の土俵を最後に引退すると、定番のチャンコ店開店だけではなく、総合格闘技に参戦したり、ビーチ相撲連盟を立ち上げるなど話題を提供した。さて、近況は――。

 会ったのは「どすこい酒場・玉海力広尾本店」隣にある株式会社玉海力の事務所。玉海力さん、今や広尾、武蔵小山、銀座と東京だけではなく、中国の青島(チンタオ)、上海にもチャンコ店を持っている。

「青島店は9年前からですか。青島の店長はかつて広尾店の洗い場で働いてた中国人なんですよ。それが偽造パスポートでの不法滞在が発覚し、中国に強制退去させられましてね。私はチャンコ店のほかに貿易の仕事をやっていて、その関係で青島に足を運んだ際、日本料理を食べられる店を出して欲しいと現地の方に頼まれ、彼の故郷の福建省に会いに行きました。ぜひ恩返しをしたいというわけで」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る