AKB48が「マラソン部」発足 藤江れいなら23人が参加

公開日: 更新日:

 19日、AKB48グループの高城亜樹(22)らメンバー10人が「AKB48マラソン部」発足記者発表会に登場した。志願メンバー23人で結成された同部は「グアムインターナショナルマラソン2014」(来年4月13日)に参加する予定。

 今年4月、グアム観光大使として5キロを完走した高城は「今朝もみんなで走ったけど、普段踊っているのでレベルが高かった。マラソンの楽しさを知って、今回も出ようと決意しました。今回は長い距離を走りたい。フルマラソンを希望します」と意気込みを語った。

 会見には、日刊ゲンダイ本紙で連載中の「チャレンジ・ランニング」(毎週火曜掲載)でAKBを指導しているバルセロナ五輪400メートル日本代表の渡邉高博氏も出席。この日の朝に行った30分走を振り返り、「みんな意識が高くて身体能力も高い」と太鼓判を押すも、「1月中旬に5000メートルのトライアルがあるので、そこで“足切り”されないように。トレーニングができてない人はそこで終わりもある」と鬼コーチの一面も。

 これには島田晴香(20)も「選抜漏れもあるってことですか!?」とアタフタ。本番まで残り5カ月、“選抜入り”に向けた厳しい練習が続きそうだ。

 このマラソン大会開催に伴い、エイチ・アイ・エス(HIS)はグアムマラソンツアーを企画する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る