タモリの顔にも泥… テレ朝1億4000万円横領社員の“素性”

公開日:  更新日:

 敏腕プロデューサーの懲戒解雇に大揺れだ。

 テレビ朝日は20日、番組制作費約1億4000万円を私的に流用したとして、編成制作局の45歳の男性社員を懲戒解雇したと発表した。処分は19日付。同局によると元社員は03年11月から今年3月までの10年間、制作会社3社に架空計上や費用の上乗せなどの方法で代金を請求させ、差額を着服。キックバックさせた金はプライベートの旅行費用や服飾品の購入などに充てていたという。

 テレ朝では「本人に返済の意思があり、すでに返済も始まっている。そのため本名の公開は控えました。刑事告訴するかどうかは、今後の推移を見守りながら判断します」(広報部)というが、一体、どんな人物なのか。

 同局関係者がこういう。

「早大理工学部を卒業後、テレ朝に入社。『ミュージックステーション』『タモリ倶楽部』『題名のない音楽会』などの音楽系番組や『銭形金太郎』といったバラエティーのプロデューサーを歴任。GP(ゼネラルプロデューサー)として辣腕を振るっていた制作幹部の一人です。GPは他のプロデューサーを束ねる統括プロデューサー。番組制作費や予算を管理する責任者です。つまり、どの制作会社に仕事を発注するかも思いのまま。逆にいえば、この不景気で制作会社はGPの意見に絶対に逆らえない。それでも3社からのキックバックが常態化していたとは皆、一様に驚いています。うちで45歳だと年収は1500万円から2000万円の間。幅がありますが、人気番組の部長級だと2000万円に近い金額のはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る