テレ朝vs日テレ 視聴率「3冠」めぐり“仁義なき戦い”

公開日:  更新日:

「ヨッシャー!」という威勢のいい声が六本木界隈(かいわい)にコダマしている。
 3日放送の日本シリーズ「楽天×巨人」第7戦。日本中が手に汗握った熱戦は、瞬間最高45.3%、平均視聴率27.8%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した。

 これにホクホク顔なのが生中継したテレビ朝日。テレ朝は第1戦(22.5%)、第2戦(20.3%)も中継したから笑いが止まらない。

「日本シリーズ中継は抽選ではなく、球団側の推薦で決まる。3戦も中継できたのはこれまでに築いた信頼関係が大きかった。第1戦の視聴率が20%を超えたのは想定の範囲。でも、第7戦までもつれるかどうかは時の運ですからね。でも、結果、7戦を中継できた上、マー君が締めて勝利という最高の形で終えられた。ツキを感じます」(同局幹部)


 テレ朝は昨年、年間視聴率で開局以来初のプライムタイム(午後7~11時)1位を獲得(年度はゴールデンとプライムでトップ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る