• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

近田春夫とNY便で痛飲 サエキけんぞうのプロデュース癖

 80年代からバンドで活躍し、作詞家、音楽プロデュース、アイドルプロデュースも行う異色のミュージシャンのサエキけんぞう(55)。酒席でもプロデュース癖が抜けない酒好きは、雲の上でも飲みっ放し?

◇ ◇ ◇

昔、バンド(パール兄弟)のイベントでは会場を押さえ、構成を決めてと自分でプロデュースしてたけど、僕、幹事体質なのでイベントの打ち上げも仕切ってましたね。

 居酒屋では宴会のコース料理が嫌いだから、30人でも70人でもフリードリンク、フリーフードにしちゃう。コース料理って食べたくもないピザとか入っててイヤでしょ。それに、酒を飲まない女性が大酒飲みの男と同じ会費なのもかわいそう。だから僕は全員に好き勝手に飲み食いさせ、僕の“現場の勘”で「君は2000円」「あなたはよく食べたから3500円」と決める。すると集めた十数万円と、お会計の合計の誤差がいつも5000円以内なんですよ。200円しか誤差が出ない時もある。そんな打ち上げが10回続き、みんなから「魔法の幹事」と呼ばれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る