• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

近田春夫とNY便で痛飲 サエキけんぞうのプロデュース癖

 80年代からバンドで活躍し、作詞家、音楽プロデュース、アイドルプロデュースも行う異色のミュージシャンのサエキけんぞう(55)。酒席でもプロデュース癖が抜けない酒好きは、雲の上でも飲みっ放し?

◇ ◇ ◇

昔、バンド(パール兄弟)のイベントでは会場を押さえ、構成を決めてと自分でプロデュースしてたけど、僕、幹事体質なのでイベントの打ち上げも仕切ってましたね。

 居酒屋では宴会のコース料理が嫌いだから、30人でも70人でもフリードリンク、フリーフードにしちゃう。コース料理って食べたくもないピザとか入っててイヤでしょ。それに、酒を飲まない女性が大酒飲みの男と同じ会費なのもかわいそう。だから僕は全員に好き勝手に飲み食いさせ、僕の“現場の勘”で「君は2000円」「あなたはよく食べたから3500円」と決める。すると集めた十数万円と、お会計の合計の誤差がいつも5000円以内なんですよ。200円しか誤差が出ない時もある。そんな打ち上げが10回続き、みんなから「魔法の幹事」と呼ばれました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る