“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

公開日: 更新日:

<『午前32時の能年玲奈』著者 中森明夫氏インタビュー>

「あま前」と「あま後」――。この2語は現在のアイドルビジネスを語る上で重要なキーワードとなっている。国民的ドラマとなったNHK「あまちゃん」の放送前と放送後とでは、アイドルの売り出し方が一変。能年玲奈(20)というシンデレラガールを生んだ、たった一本のドラマが、すっかり日本のアイドルの景色を変えてしまったのだ。

 言葉は悪いが、アイドル文化の蓄積や富をとことん収奪したのが「あまちゃん」である。80年代にトップアイドルとして君臨した薬師丸ひろ子と小泉今日子、そして現代で伸び盛りの能年や橋本愛、有村架純といった新旧のアイドルが、世代を超えてひとつのドラマとして見られるような仕組みを作った。だが、それ以上に特筆すべきはドラマ内の“フェイクアイドル”たちを次々と現実の世界に送り出したこと。楽曲デビューさせれば音楽チャートで1位を獲得する快挙を成し遂げた。その現象をメディアがこぞって取り上げ、お祭り騒ぎとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る