• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

<『午前32時の能年玲奈』著者 中森明夫氏インタビュー>

「あま前」と「あま後」――。この2語は現在のアイドルビジネスを語る上で重要なキーワードとなっている。国民的ドラマとなったNHK「あまちゃん」の放送前と放送後とでは、アイドルの売り出し方が一変。能年玲奈(20)というシンデレラガールを生んだ、たった一本のドラマが、すっかり日本のアイドルの景色を変えてしまったのだ。

 言葉は悪いが、アイドル文化の蓄積や富をとことん収奪したのが「あまちゃん」である。80年代にトップアイドルとして君臨した薬師丸ひろ子と小泉今日子、そして現代で伸び盛りの能年や橋本愛、有村架純といった新旧のアイドルが、世代を超えてひとつのドラマとして見られるような仕組みを作った。だが、それ以上に特筆すべきはドラマ内の“フェイクアイドル”たちを次々と現実の世界に送り出したこと。楽曲デビューさせれば音楽チャートで1位を獲得する快挙を成し遂げた。その現象をメディアがこぞって取り上げ、お祭り騒ぎとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る