“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

公開日: 更新日:

 あまちゃん的な方法論で、2014年、ブレークを狙えるアイドルたちはたくさん控えている。その急先鋒が、正月映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(東宝)のヒロイン。一般公募のオーディションで5000人の中から選ばれた新人の大原櫻子(17)だ。彼女はずばり、ポスト能年玲奈の最有力候補だ!

 同名の漫画が原作。天才サウンドクリエーターに才能を見いだされて劇的デビューを飾る女子高生の恋愛ストーリーだが、ポイントは音楽プロデューサーの亀田誠治が“仕掛け人”だということ。敏腕Pが大原の歌声に惚れ込んで起用を決めたのである。「あまちゃん」でいうところの宮藤官九郎と大友良英の役割を「カノ嘘」では亀田が担う。もちろん、劇中の役柄やバンド名で楽曲をリリースし、すでにチャートを賑わせている。

 デビュー時の竹内結子を彷彿(ほうふつ)とさせる大原だが、アイドル歌手とアイドル女優の両面の才能を秘めているところも能年玲奈そのもの。脚本も能年の次回作となる映画「ホットロード」と同じ人物であることも付け加えておく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  6. 6

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る