“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想

公開日: 更新日:

■「天使すぎるアイドル」

 アイドルは南からやってくる――。これは長年、アイドル評論家をなりわいとしてきた僕のテーゼである。返還前の沖縄からやってきた国産アイドル第1号の南沙織以降、いまなお引き継がれ、九州は全国一のアイドル激戦区となっている。

 その中で「天使すぎるアイドル」「1000年に一人の逸材」ともいわれる橋本環奈(14)も、忘れてはならない。橋本は実は3年ほど前に映画デビューを果たしている。是枝裕和監督に見初められ、九州新幹線開通を記念した「奇跡」で、である。

 芸能界はAKB48に代表されるアイドルグループ全盛だ。しかし、アイドルグループ、アイドル歌手、アイドル女優がそれぞれ同時に勢いを増す時代でもある。70年代、80年代のアイドル全盛期を知る人々が今や社会の中核層になっている。アイドルをテーマにした朝ドラがあってもおかしくなかったように、アイドルが世代の垣根を越え、話題の共通項になりえるということを知った今、2014年はますますアイドルが日本を元気にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る