• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

警察ドラマばかりの1月連ドラ “ダークホース”はテレビ東京

 警察ドラマばかりが話題になる今年1月期の連ドラの中で、ひそかに業界の注目を集めているのが、17日からスタートするテレビ東京の「三匹のおっさん」だ。

「視聴率を取りそうな要素がいくつかある。意外と“ダークホース”かもしれません」(在京キー局スタッフ)

 まずは主演。北大路欣也だ。昨年は高視聴率ドラマ「半沢直樹」にも出演するなど重厚な脇役は数知れないが、久しぶりの連ドラ主演となれば、話題性は十分だろう。

 原作が人気作家、有川浩の同名小説シリーズというのも心強い。
「『三匹のおっさん』は芸能界一の読書家だった俳優の故児玉清さんが絶賛していたことでも知られています」(出版業界関係者)

 それでなくても有川には、「図書館戦争」「フリーター、家を買う。」「阪急電車」「県庁おもてなし課」「空飛ぶ広報室」など、映像化された人気作品が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る