• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉か凶か…日曜劇場を放送前に映画化発表したTBSの賭け

 12日からスタートする日曜劇場「S―最後の警官―」(TBS系)の映画化が、ドラマ放送前なのに早くも発表された。

 連載中の人気マンガが原作で、向井理(31)や綾野剛(31)らが出演。犯罪者を生きたまま逮捕することを目的として設立された架空の警察庁特殊急襲捜査班を舞台にしたストーリーで、派手なアクションシーンも多い。映画向きといえるが、ドラマ放送前から映画化を発表するのは異例中の異例だ。

「TBSは、同じドラマ映画『SPEC』シリーズがヒットしてホクホクです。しかし“本命”である『半沢直樹』の映画化には苦労している。TBSは話題を引っ張れる今年の秋には公開したい考えですが、堺雅人側との調整が難航していて、タイミングを逸してしまう恐れがある。そういう事情もあって、『S』は初めからゴーサインを出したのでしょう」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る