吉か凶か…日曜劇場を放送前に映画化発表したTBSの賭け

公開日:  更新日:

 12日からスタートする日曜劇場「S―最後の警官―」(TBS系)の映画化が、ドラマ放送前なのに早くも発表された。

 連載中の人気マンガが原作で、向井理(31)や綾野剛(31)らが出演。犯罪者を生きたまま逮捕することを目的として設立された架空の警察庁特殊急襲捜査班を舞台にしたストーリーで、派手なアクションシーンも多い。映画向きといえるが、ドラマ放送前から映画化を発表するのは異例中の異例だ。

「TBSは、同じドラマ映画『SPEC』シリーズがヒットしてホクホクです。しかし“本命”である『半沢直樹』の映画化には苦労している。TBSは話題を引っ張れる今年の秋には公開したい考えですが、堺雅人側との調整が難航していて、タイミングを逸してしまう恐れがある。そういう事情もあって、『S』は初めからゴーサインを出したのでしょう」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る