警察ドラマばかりの1月連ドラ “ダークホース”はテレビ東京

公開日: 更新日:

「脇に泉谷しげるや、一見フツーに見えてクセのあるおっさんを演じさせたら天下一品の志賀廣太郎を据えたのも、絶妙のキャスティングといえるでしょう」(前出の在京キー局スタッフ)

■ターゲットは中高年

 北大路が演じる主人公“キヨ”こと清田清一は定年退職後、近所のゲームセンターに再就職した剣道の達人。かつての悪ガキ、今は還暦のおっさん3人で結成した私設自警団が、町内の“悪”に立ち向かっていくというお話だ。ターゲットが中高年と明確なのも、大きなポイントになる。

「フジテレビの亀山千広社長は半沢直樹のヒットについて、『ちょんまげを結っていない気持ちのいい勧善懲悪の時代劇』などと分析していましたが、『三匹のおっさん』はドンピシャ。原作者の有川さんも、時代劇を現代劇に置き換えることを意識して書いたそうですよ」(前出の出版業界関係者)

 さらにテレビ東京開局50周年特別企画だけに、気合も入っている。どこまで数字を伸ばすか、今から楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  4. 4

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  5. 5

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    宇賀なつみも華麗に転身 フジからテレ朝へ女子アナ下克上

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る