「金爆」 オリコン1位とカラオケ印税で荒稼ぎ10億円!?

公開日:  更新日:

「金爆」と略されるゴールデンボンバー。名は体を表すというが、この世にも珍しいエアバンドは、カネが爆発的に儲かっているようだ。

 元日に発売された新曲「101回目の呪い」が、初週15.8万枚を売り上げ、オリコンの週間ランキングで初登場首位となった。昨年元日に発売した「Dance My Generation」(初週12.5万枚)に続き、2作連続の首位獲得である。紅白に2年連続で出場した人気バンドだ。これぐらい当然かもしれないが、彼らのようなインディーズバンドが2作で首位になるのは初。しかも、インディーズだからこそ、ガッポリと稼げるという。

「一般にメジャーレーベルの場合、作詞と作曲を手がける歌手の印税は合計5%前後です。インディーズだと、それが50%ぐらいに跳ね上がる。必要なのは製作や流通にかかる経費ぐらいで、大々的に宣伝を打つわけでもないし、営業に人を割くわけでもない。自然と取り分は多くなるのです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る