• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「金爆」 オリコン1位とカラオケ印税で荒稼ぎ10億円!?

「金爆」と略されるゴールデンボンバー。名は体を表すというが、この世にも珍しいエアバンドは、カネが爆発的に儲かっているようだ。

 元日に発売された新曲「101回目の呪い」が、初週15.8万枚を売り上げ、オリコンの週間ランキングで初登場首位となった。昨年元日に発売した「Dance My Generation」(初週12.5万枚)に続き、2作連続の首位獲得である。紅白に2年連続で出場した人気バンドだ。これぐらい当然かもしれないが、彼らのようなインディーズバンドが2作で首位になるのは初。しかも、インディーズだからこそ、ガッポリと稼げるという。

「一般にメジャーレーベルの場合、作詞と作曲を手がける歌手の印税は合計5%前後です。インディーズだと、それが50%ぐらいに跳ね上がる。必要なのは製作や流通にかかる経費ぐらいで、大々的に宣伝を打つわけでもないし、営業に人を割くわけでもない。自然と取り分は多くなるのです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る