「金爆」 オリコン1位とカラオケ印税で荒稼ぎ10億円!?

公開日: 更新日:

「金爆」と略されるゴールデンボンバー。名は体を表すというが、この世にも珍しいエアバンドは、カネが爆発的に儲かっているようだ。

 元日に発売された新曲「101回目の呪い」が、初週15.8万枚を売り上げ、オリコンの週間ランキングで初登場首位となった。昨年元日に発売した「Dance My Generation」(初週12.5万枚)に続き、2作連続の首位獲得である。紅白に2年連続で出場した人気バンドだ。これぐらい当然かもしれないが、彼らのようなインディーズバンドが2作で首位になるのは初。しかも、インディーズだからこそ、ガッポリと稼げるという。

「一般にメジャーレーベルの場合、作詞と作曲を手がける歌手の印税は合計5%前後です。インディーズだと、それが50%ぐらいに跳ね上がる。必要なのは製作や流通にかかる経費ぐらいで、大々的に宣伝を打つわけでもないし、営業に人を割くわけでもない。自然と取り分は多くなるのです」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る