“3人の妻”が顔を揃えた 萬屋錦之介の葬儀

公開日:  更新日:

<1997年3月>

 3月10日、午後2時41分、大物俳優が千葉県柏市の国立がんセンター東病院で息を引き取った。この俳優は萬屋錦之介。同7日から危篤状態が続き、妻で宝塚の男役トップスターだった甲にしき(当時54)ら親族が毎日枕元で励まし続けたがその願いはかなわなかった。

 萬屋が喉に不調を訴えたのは前年春。同センターで診察を受けると中咽頭がんと判明した。これで97年に放送予定だったNHKの大河ドラマ「毛利元就」の尼子経久役も決まっていたが、降板を余儀なくされた。6月27日に入院。7月18日にはへんとうと舌の半分を切除する手術を受けた。この手術で萬屋は声が出なくなり、普段の会話は筆談。食事も流動食しか口にできない状況だった。

 そんな中、もう一度舞台に立ちたいと、懸命に舌を動かし、声を出すトレーニングに取り組んでいたという。経過も良好で97年2月21日には一時退院が許されるほどに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る