“3人の妻”が顔を揃えた 萬屋錦之介の葬儀

公開日:  更新日:

<1997年3月>

 3月10日、午後2時41分、大物俳優が千葉県柏市の国立がんセンター東病院で息を引き取った。この俳優は萬屋錦之介。同7日から危篤状態が続き、妻で宝塚の男役トップスターだった甲にしき(当時54)ら親族が毎日枕元で励まし続けたがその願いはかなわなかった。

 萬屋が喉に不調を訴えたのは前年春。同センターで診察を受けると中咽頭がんと判明した。これで97年に放送予定だったNHKの大河ドラマ「毛利元就」の尼子経久役も決まっていたが、降板を余儀なくされた。6月27日に入院。7月18日にはへんとうと舌の半分を切除する手術を受けた。この手術で萬屋は声が出なくなり、普段の会話は筆談。食事も流動食しか口にできない状況だった。

 そんな中、もう一度舞台に立ちたいと、懸命に舌を動かし、声を出すトレーニングに取り組んでいたという。経過も良好で97年2月21日には一時退院が許されるほどに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る