“3人の妻”が顔を揃えた 萬屋錦之介の葬儀

公開日: 更新日:

<1997年3月>

 3月10日、午後2時41分、大物俳優が千葉県柏市の国立がんセンター東病院で息を引き取った。この俳優は萬屋錦之介。同7日から危篤状態が続き、妻で宝塚の男役トップスターだった甲にしき(当時54)ら親族が毎日枕元で励まし続けたがその願いはかなわなかった。

 萬屋が喉に不調を訴えたのは前年春。同センターで診察を受けると中咽頭がんと判明した。これで97年に放送予定だったNHKの大河ドラマ「毛利元就」の尼子経久役も決まっていたが、降板を余儀なくされた。6月27日に入院。7月18日にはへんとうと舌の半分を切除する手術を受けた。この手術で萬屋は声が出なくなり、普段の会話は筆談。食事も流動食しか口にできない状況だった。

 そんな中、もう一度舞台に立ちたいと、懸命に舌を動かし、声を出すトレーニングに取り組んでいたという。経過も良好で97年2月21日には一時退院が許されるほどに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る