板東英二の復帰は「0%」!? それでも老後は悠々自適

公開日:  更新日:

「なぜ細部を言ってもらえないのか、不思議だ」「襟を正す姿勢を示すのは、さほど難しいことではないと思うが」
 毎日放送の河内一友社長(66)が先日の新春会見でそう話していたが、もっともだ。

 一昨年末、国税当局から約7500万円の申告漏れを指摘され、開店休業中のタレント・板東英二(73)の話。板東は昨年の謝罪会見で、約20年前から行っていた植毛費用が「カツラと同じで経費で落ちると思った」などと、“不毛”な釈明をしていた。

 河内社長は板東から復帰の相談を持ちかけられていたことを明かしたうえで、「納得できる説明がないことには前進はない」とバッサリ。まあ、それも当然で、植毛だけで7500万円もの申告漏れは、いくら何でも無理がある。話すに話せない“裏”があるのか、と勘繰られても仕方あるまい。

「板東さんは今春の番組改編を機に本格復帰を目指しているようですが、難しい。復帰の判断材料になるはずだったのが、昨年放送された明石家さんまさんのクリスマス特番。板東さんは電話で生出演し、『寂しいねん』と訴えましたが、ネット世論は『自業自得だ』と厳しかった。それで復帰の目がさらに遠ざかったんです」(在阪テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る