• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

坂東英二をさんま後押し 復帰は吉本新喜劇で“植毛ギャグ”

投稿日:  更新日:

 板東英二(73)に一本の髪……もとい、一本の光が差し込んだ。吉本興業に所属することが決まったのだ。

 12年12月、約5000万円の所得隠しを含む総額約7500万円の申告漏れが判明。出演する全番組を降板させられ、約1年間、無職状態が続いていた。昨年11月に謝罪会見を開き、「カツラは経費と聞いていた。(行っていた)植毛も経費で落ちると思っていた」などと釈明。「これでみそぎとなるとは“毛頭”考えていないが、どんな仕事でもやりたい」と復帰に意欲を見せていた。

 すると、お騒がせタレントの「受け皿」としては最適(?)の吉本芸人2人が反応。1人はナインティナインの岡村隆史(43)。昨年11月、インターネット生配信番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に出演した。

 2人目は明石家さんま(58)。昨年12月24日深夜の特番「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系)に電話出演し、「話し相手がおらんから寂しいねん。さんまちゃんの声が聞けて良かった」と近況を語っていた。これにさんまは「記者会見の増毛はあかんで。何で泣いたん?」とダメ出し。「寂しいねん」と訴える板東を「アンタが悪いねん」と一蹴した。しかし、「結局、旧知のさんまが仲介する形で吉本入りが決まった」(吉本関係者)そうで、20日にも正式発表される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る