「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ監督

公開日:  更新日:

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」と作品を挙げたら、切りがない名匠マーティン・スコセッシ監督(71)。レオナルド・ディカプリオ(39)と組んだ新作や映画への思い、今後について聞いた。

――80~90年代のウォール街で年収49億円に成り上がり、10年後の36歳で破滅した男の物語。監督依頼を受けた理由は?

「まず、度が過ぎる拝金主義への不安と怒りがあったんだ。私はNY出身で、08年のような金融危機を何度も目の当たりにしているというのに、人々は成功の尺度を稼ぎだけで測るのをやめない。最近はそうした価値観が子どもにまで広がり、例えば私の14歳になる娘の世代が映画を見にいくとき、週末の興行ランキングでトップの作品を選ぶんだ。ピカソの絵画がオークションにかけられたとき、拍手が起こるのは絵が売れたことではなく、37億円という落札額に対してだったというようにね。皆どうかしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る