「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ監督

公開日: 更新日:

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」と作品を挙げたら、切りがない名匠マーティン・スコセッシ監督(71)。レオナルド・ディカプリオ(39)と組んだ新作や映画への思い、今後について聞いた。

――80~90年代のウォール街で年収49億円に成り上がり、10年後の36歳で破滅した男の物語。監督依頼を受けた理由は?

「まず、度が過ぎる拝金主義への不安と怒りがあったんだ。私はNY出身で、08年のような金融危機を何度も目の当たりにしているというのに、人々は成功の尺度を稼ぎだけで測るのをやめない。最近はそうした価値観が子どもにまで広がり、例えば私の14歳になる娘の世代が映画を見にいくとき、週末の興行ランキングでトップの作品を選ぶんだ。ピカソの絵画がオークションにかけられたとき、拍手が起こるのは絵が売れたことではなく、37億円という落札額に対してだったというようにね。皆どうかしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る