• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」マーティン・スコセッシ監督

「タクシードライバー」「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」と作品を挙げたら、切りがない名匠マーティン・スコセッシ監督(71)。レオナルド・ディカプリオ(39)と組んだ新作や映画への思い、今後について聞いた。

――80~90年代のウォール街で年収49億円に成り上がり、10年後の36歳で破滅した男の物語。監督依頼を受けた理由は?

「まず、度が過ぎる拝金主義への不安と怒りがあったんだ。私はNY出身で、08年のような金融危機を何度も目の当たりにしているというのに、人々は成功の尺度を稼ぎだけで測るのをやめない。最近はそうした価値観が子どもにまで広がり、例えば私の14歳になる娘の世代が映画を見にいくとき、週末の興行ランキングでトップの作品を選ぶんだ。ピカソの絵画がオークションにかけられたとき、拍手が起こるのは絵が売れたことではなく、37億円という落札額に対してだったというようにね。皆どうかしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る