伝説のバンド「外道」の加納秀人が語る40周年記念アルバム秘話

公開日: 更新日:

 着物姿で万歳三唱し、三々七拍子で聴衆をあおる。その派手派手しさがやんちゃな若者のハートをわしづかみし、ライブには暴走族が殺到。その警備に業を煮やした警察が発した「この外道が!」の怒声がそのままバンド名になった。70年代の音楽シーンで異彩を放ち、日本ロック史に残る伝説のバンド「外道」。リーダーだった加納秀人さんは今どうしているのか。

「実にいいタイミングの取材ですね。外道40周年記念アルバムを発表し、取材がくるような気がしてました。これも神のお告げでしょうか?」

■「ほとんどが2、3分で作った曲ですよ」

 銀座に近い所属事務所で会った加納さん、まずはこういった。神のお告げ、ってどういうこと?

「ボクの場合、昔からインスピレーションっていうか、天から降りてきた音を表現するスタイルでしてね。今回のアルバムは去年の夏前、発売することを決め、準備を開始したんですが、最初、なかなか曲が浮かばなかった。そんなとき、まず『魂の叫び』ってタイトルが湧いてきたんです。ところが、曲と詞が出てこない。夏は過ぎちゃうし、焦りましたよ。でも、リミットぎりぎりだった11月の3日前ぐらいかな。どんどん曲と詞が降りてきて、どうにか間に合いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る