• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伝説のバンド「外道」の加納秀人が語る40周年記念アルバム秘話

 着物姿で万歳三唱し、三々七拍子で聴衆をあおる。その派手派手しさがやんちゃな若者のハートをわしづかみし、ライブには暴走族が殺到。その警備に業を煮やした警察が発した「この外道が!」の怒声がそのままバンド名になった。70年代の音楽シーンで異彩を放ち、日本ロック史に残る伝説のバンド「外道」。リーダーだった加納秀人さんは今どうしているのか。

「実にいいタイミングの取材ですね。外道40周年記念アルバムを発表し、取材がくるような気がしてました。これも神のお告げでしょうか?」

■「ほとんどが2、3分で作った曲ですよ」

 銀座に近い所属事務所で会った加納さん、まずはこういった。神のお告げ、ってどういうこと?

「ボクの場合、昔からインスピレーションっていうか、天から降りてきた音を表現するスタイルでしてね。今回のアルバムは去年の夏前、発売することを決め、準備を開始したんですが、最初、なかなか曲が浮かばなかった。そんなとき、まず『魂の叫び』ってタイトルが湧いてきたんです。ところが、曲と詞が出てこない。夏は過ぎちゃうし、焦りましたよ。でも、リミットぎりぎりだった11月の3日前ぐらいかな。どんどん曲と詞が降りてきて、どうにか間に合いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る