伝説のバンド「外道」の加納秀人が語る40周年記念アルバム秘話

公開日:  更新日:

 着物姿で万歳三唱し、三々七拍子で聴衆をあおる。その派手派手しさがやんちゃな若者のハートをわしづかみし、ライブには暴走族が殺到。その警備に業を煮やした警察が発した「この外道が!」の怒声がそのままバンド名になった。70年代の音楽シーンで異彩を放ち、日本ロック史に残る伝説のバンド「外道」。リーダーだった加納秀人さんは今どうしているのか。

「実にいいタイミングの取材ですね。外道40周年記念アルバムを発表し、取材がくるような気がしてました。これも神のお告げでしょうか?」

■「ほとんどが2、3分で作った曲ですよ」

 銀座に近い所属事務所で会った加納さん、まずはこういった。神のお告げ、ってどういうこと?

「ボクの場合、昔からインスピレーションっていうか、天から降りてきた音を表現するスタイルでしてね。今回のアルバムは去年の夏前、発売することを決め、準備を開始したんですが、最初、なかなか曲が浮かばなかった。そんなとき、まず『魂の叫び』ってタイトルが湧いてきたんです。ところが、曲と詞が出てこない。夏は過ぎちゃうし、焦りましたよ。でも、リミットぎりぎりだった11月の3日前ぐらいかな。どんどん曲と詞が降りてきて、どうにか間に合いました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る