監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤

公開日:  更新日:

 07年3月26日。千葉県のマンションからひとりの男が捜査員の追跡を振り切って逃走した。男の名前は「市橋達也」。名前を変え、顔を変え、2年7カ月にわたって青森から沖縄まで日本全国を逃げ回った。ネット上では市橋を「イッチー」と呼ぶ信者やファンクラブまでもが出現。この映画は、逮捕後の11年に出版された市橋本人の手記がもとになっている。

 手記による印税はすべて遺族への弁済に充てるとしたが、出版を知った遺族は「こうした本を書くことが許されるのか」と受け取りを拒否。物議を醸した手記ゆえに「映像化が難しい」と言われていた。そんな中、さまざまな制約を乗り越えて映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」が11月9日に公開される。主演だけでなく自らメガホンを取ったのはディーン・フジオカ(33)。活動拠点を台湾に置く新進の俳優だ。日本を震撼(しんかん)させた殺人犯を演じる戸惑いはなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る