• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤

 07年3月26日。千葉県のマンションからひとりの男が捜査員の追跡を振り切って逃走した。男の名前は「市橋達也」。名前を変え、顔を変え、2年7カ月にわたって青森から沖縄まで日本全国を逃げ回った。ネット上では市橋を「イッチー」と呼ぶ信者やファンクラブまでもが出現。この映画は、逮捕後の11年に出版された市橋本人の手記がもとになっている。

 手記による印税はすべて遺族への弁済に充てるとしたが、出版を知った遺族は「こうした本を書くことが許されるのか」と受け取りを拒否。物議を醸した手記ゆえに「映像化が難しい」と言われていた。そんな中、さまざまな制約を乗り越えて映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」が11月9日に公開される。主演だけでなく自らメガホンを取ったのはディーン・フジオカ(33)。活動拠点を台湾に置く新進の俳優だ。日本を震撼(しんかん)させた殺人犯を演じる戸惑いはなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る