監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤

公開日: 更新日:

 07年3月26日。千葉県のマンションからひとりの男が捜査員の追跡を振り切って逃走した。男の名前は「市橋達也」。名前を変え、顔を変え、2年7カ月にわたって青森から沖縄まで日本全国を逃げ回った。ネット上では市橋を「イッチー」と呼ぶ信者やファンクラブまでもが出現。この映画は、逮捕後の11年に出版された市橋本人の手記がもとになっている。

 手記による印税はすべて遺族への弁済に充てるとしたが、出版を知った遺族は「こうした本を書くことが許されるのか」と受け取りを拒否。物議を醸した手記ゆえに「映像化が難しい」と言われていた。そんな中、さまざまな制約を乗り越えて映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」が11月9日に公開される。主演だけでなく自らメガホンを取ったのはディーン・フジオカ(33)。活動拠点を台湾に置く新進の俳優だ。日本を震撼(しんかん)させた殺人犯を演じる戸惑いはなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る