監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤

公開日: 更新日:

 07年3月26日。千葉県のマンションからひとりの男が捜査員の追跡を振り切って逃走した。男の名前は「市橋達也」。名前を変え、顔を変え、2年7カ月にわたって青森から沖縄まで日本全国を逃げ回った。ネット上では市橋を「イッチー」と呼ぶ信者やファンクラブまでもが出現。この映画は、逮捕後の11年に出版された市橋本人の手記がもとになっている。

 手記による印税はすべて遺族への弁済に充てるとしたが、出版を知った遺族は「こうした本を書くことが許されるのか」と受け取りを拒否。物議を醸した手記ゆえに「映像化が難しい」と言われていた。そんな中、さまざまな制約を乗り越えて映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」が11月9日に公開される。主演だけでなく自らメガホンを取ったのはディーン・フジオカ(33)。活動拠点を台湾に置く新進の俳優だ。日本を震撼(しんかん)させた殺人犯を演じる戸惑いはなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る