次男が国際バレエ6位 「狩人」兄が明かした“巨額”留学費用

公開日:  更新日:

 ♪明日 私は旅に出ます 春まだ浅い信濃路へ~。
 70年代の大ヒット曲「あずさ2号」でこう歌っていたのは、兄弟デュオの「狩人」。その長野より遠いモナコ公国に留学させた息子が、新人ダンサーの登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクールで6位入賞の快挙だ。

 今回のコンクールは、日本人が上位にズラリ顔を並べた。優勝が二山治雄さん(17)、2位が前田紗江さん(15)。これに次ぐ6位が、狩人の兄の加藤久仁彦(57)の次男・三希央さん(18)だ。喜びの父が興奮ぎみにこう言う。
「優勝、準優勝も日本人なのに、6位の息子をこれだけ祝ってくれて驚いています」

 三希央さんは2つ上の兄と共に5歳からバレエを始め、すぐに頭角を現した。次男なのに三希央なのは、「子年生まれなのでミッキーマウスからヒントを得た」からだという。思いっきりダジャレだが、今となっては世界に通用する名前に思えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る