次男が国際バレエ6位 「狩人」兄が明かした“巨額”留学費用

公開日: 更新日:

 ♪明日 私は旅に出ます 春まだ浅い信濃路へ~。
 70年代の大ヒット曲「あずさ2号」でこう歌っていたのは、兄弟デュオの「狩人」。その長野より遠いモナコ公国に留学させた息子が、新人ダンサーの登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクールで6位入賞の快挙だ。

 今回のコンクールは、日本人が上位にズラリ顔を並べた。優勝が二山治雄さん(17)、2位が前田紗江さん(15)。これに次ぐ6位が、狩人の兄の加藤久仁彦(57)の次男・三希央さん(18)だ。喜びの父が興奮ぎみにこう言う。
「優勝、準優勝も日本人なのに、6位の息子をこれだけ祝ってくれて驚いています」

 三希央さんは2つ上の兄と共に5歳からバレエを始め、すぐに頭角を現した。次男なのに三希央なのは、「子年生まれなのでミッキーマウスからヒントを得た」からだという。思いっきりダジャレだが、今となっては世界に通用する名前に思えてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る