「全身がん」も悲愴感なし 樹木希林の達観に秘めた“女優魂”

公開日:  更新日:

「全身がん」だったとは思えないほど、女優の樹木希林(71)は元気だ。17日もラジオ番組に出演し、現在はマネジャーも事務所も持たず、ぜんぶの仕事を自分でこなしている、なんて話をしていた。

 ギャラの交渉も「依頼が来た時点で『いくらくれんの?』ってその場で聞くのよ」とあっけらかん。17日の番組収録もスタジオまで自分で車を運転してきたという。樹木は、来月7日に行われる日本アカデミー賞授賞式の司会も務める。

「全身がんの治療は先月いったん終了したそうですが、精度の高い定位放射線治療で、危ない病変が見えなくなった状態になっているというだけでしょう」(医療ジャーナリスト)

 それにしても長い闘いだ。樹木は05年に乳がんが見つかり、摘出手術を受けて無事生還したが、07年に再発。放射線治療を受けたが、10年には全身に転移。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る