冴えない家政婦役に 米倉涼子が「気づいたら足を開いて…」

公開日:  更新日:

 昨年秋「ドクターX」で美貌のスーパードクター・大門未知子を演じ、晴れて視聴率トップ女優に躍り出た米倉涼子(38)が、今度は正反対の役に挑む。テレビ朝日開局55周年記念のドラマスペシャル「家政婦は見た!」がそれ。カツラにメガネ、そばかすメークで冴えない家政婦を演じる。意気込みを聞いた。

「気取らなくていい、汚くていい、イヤらしくていい(笑い)。足は閉じなくていいし、意地悪でいい。なんでもありで、カツラと変な服とメガネがあるだけで、こんなに自由になれるんだという感じ。腰を曲げて猫背で演じているので、腰痛と首痛がひどくて、それさえなければ最高級の役です(笑い)」

 舞台は美容整形外科を営む資産家の家庭。一見幸せそうに見える家族だが、裏ではドロドロの相続争いが起きてきて……。

「今まで演じた中で、一番好きな役です。のぞき見とかも、私すごく好きなんです。でも、気がついたら足を開いて座っていることが多くなってしまって、私生活ではそのへん、気をつけないと」

 米倉もノリノリのドラマは3月2日(夜9時~)放送だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る