• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冴えない家政婦役に 米倉涼子が「気づいたら足を開いて…」

 昨年秋「ドクターX」で美貌のスーパードクター・大門未知子を演じ、晴れて視聴率トップ女優に躍り出た米倉涼子(38)が、今度は正反対の役に挑む。テレビ朝日開局55周年記念のドラマスペシャル「家政婦は見た!」がそれ。カツラにメガネ、そばかすメークで冴えない家政婦を演じる。意気込みを聞いた。

「気取らなくていい、汚くていい、イヤらしくていい(笑い)。足は閉じなくていいし、意地悪でいい。なんでもありで、カツラと変な服とメガネがあるだけで、こんなに自由になれるんだという感じ。腰を曲げて猫背で演じているので、腰痛と首痛がひどくて、それさえなければ最高級の役です(笑い)」

 舞台は美容整形外科を営む資産家の家庭。一見幸せそうに見える家族だが、裏ではドロドロの相続争いが起きてきて……。

「今まで演じた中で、一番好きな役です。のぞき見とかも、私すごく好きなんです。でも、気がついたら足を開いて座っていることが多くなってしまって、私生活ではそのへん、気をつけないと」

 米倉もノリノリのドラマは3月2日(夜9時~)放送だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る