冴えない家政婦役に 米倉涼子が「気づいたら足を開いて…」

公開日: 更新日:

 昨年秋「ドクターX」で美貌のスーパードクター・大門未知子を演じ、晴れて視聴率トップ女優に躍り出た米倉涼子(38)が、今度は正反対の役に挑む。テレビ朝日開局55周年記念のドラマスペシャル「家政婦は見た!」がそれ。カツラにメガネ、そばかすメークで冴えない家政婦を演じる。意気込みを聞いた。

「気取らなくていい、汚くていい、イヤらしくていい(笑い)。足は閉じなくていいし、意地悪でいい。なんでもありで、カツラと変な服とメガネがあるだけで、こんなに自由になれるんだという感じ。腰を曲げて猫背で演じているので、腰痛と首痛がひどくて、それさえなければ最高級の役です(笑い)」

 舞台は美容整形外科を営む資産家の家庭。一見幸せそうに見える家族だが、裏ではドロドロの相続争いが起きてきて……。

「今まで演じた中で、一番好きな役です。のぞき見とかも、私すごく好きなんです。でも、気がついたら足を開いて座っていることが多くなってしまって、私生活ではそのへん、気をつけないと」

 米倉もノリノリのドラマは3月2日(夜9時~)放送だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  8. 8

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    高視聴率を連発 コロナ禍中でヒロミの好感度が高まるワケ

もっと見る