米倉涼子はドラマ、CM続々…噂の彼との結婚は「いたしません」?

公開日:  更新日:

 2014年の女優デビュー15周年を前に、「視聴率女王」までのぼりつめた。最高視聴率26.9%をたたき出し、ドラマランキングで年間2位を獲得した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のヒットは記憶に新しいが、制服のコスプレ姿を披露した「35歳の高校生」(日本テレビ系)も平均13%台と結果を残した。ある映画監督は「いま最も撮りたい女優のひとり」と言っていたが、米倉涼子(38)は向かうところ敵ナシである。

 私生活も絶好調。昨年末には、かねて交際が噂されていた年下のフリー編集者との買い物デートが“フライデー”されている。市川海老蔵、元「男闘呼組」の岡本健一、鹿島アントラーズの中田浩二……数々の熱愛が報じられてきた。恋愛体質なのは想像に難くないが……。

「ドラマの役柄のイメージから男っぽくてサバサバしたタイプに見えますが、普段は驚くほど女っぽい性格です。恋愛がうまくいかないとずっとめそめそしているし、女優然としたところはまったくない。素人の女性と変わらないですよ。食事をしていても周囲に本人だと気付かれるのはまれなくらいです。これまでは彼女のイメージに尻込みして果敢にアタックする男性がいなかっただけ。今の彼のようにぐいぐいと引っ張るタイプが好みなのでしょう」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る