米倉涼子はドラマ、CM続々…噂の彼との結婚は「いたしません」?

公開日: 更新日:

 2014年の女優デビュー15周年を前に、「視聴率女王」までのぼりつめた。最高視聴率26.9%をたたき出し、ドラマランキングで年間2位を獲得した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のヒットは記憶に新しいが、制服のコスプレ姿を披露した「35歳の高校生」(日本テレビ系)も平均13%台と結果を残した。ある映画監督は「いま最も撮りたい女優のひとり」と言っていたが、米倉涼子(38)は向かうところ敵ナシである。

 私生活も絶好調。昨年末には、かねて交際が噂されていた年下のフリー編集者との買い物デートが“フライデー”されている。市川海老蔵、元「男闘呼組」の岡本健一、鹿島アントラーズの中田浩二……数々の熱愛が報じられてきた。恋愛体質なのは想像に難くないが……。

「ドラマの役柄のイメージから男っぽくてサバサバしたタイプに見えますが、普段は驚くほど女っぽい性格です。恋愛がうまくいかないとずっとめそめそしているし、女優然としたところはまったくない。素人の女性と変わらないですよ。食事をしていても周囲に本人だと気付かれるのはまれなくらいです。これまでは彼女のイメージに尻込みして果敢にアタックする男性がいなかっただけ。今の彼のようにぐいぐいと引っ張るタイプが好みなのでしょう」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る