• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白衣の“女帝”三田佳子が明かす「ドクターX」の舞台裏

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系・木曜)が絶好調だ。14日に放送された第5話は、今クールドラマ最高となる平均視聴率23・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。そのドクターXで圧倒的な存在感を放っているのが、“女帝”と呼ばれる次期院長候補の内科統括部長・馬淵一代を演じる三田佳子だ。その三田に、ドラマ撮影の舞台裏を聞いた――。

<「米倉さんの脚がキレイで撮影の合間につい見ちゃうの」>

 ドクターX最大の魅力は、何と言っても米倉涼子演じる天才フリー外科医・大門未知子の破天荒なキャラクター。「趣味も特技も手術」と言い放ち、お偉方にも「致しません!」と屈しない痛快さだ。米倉は現場でもあんなに勝ち気なのか?

「完璧な女医を演じているけど、普段は至ってナチュラル。番組の発表会見の時に出演者が『~は致しません』という公約を掲げた時に、彼女は『無駄は致しません』と言ってました。その言葉通り、撮影の合間にもストレッチするなど体のケアに熱心です。米倉さんが使ってるストレッチ器具をプレゼントされたので使ったら、私は何日も筋肉痛に……。『三田さん、気をつけてください!』と心配されちゃいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る