• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「グロリアの青春」主演 パウリーナ・ガルシア

 還暦目前の女性が新たなパートナーを探し、老いらくの恋に燃える。主人公グロリアを演じ、昨年のベルリン国際映画祭で主演女優賞を受賞したチリの女優パウリーナ・ガルシア(53)がこのほど来日。ラテン中高年の恋愛事情を聞いてみた。

――ダンスホールが中高年の出会いの場として描かれていますが、どういう仕組みなのですか?

「気の合った者同士で、自発的に開いている催しですので、堅苦しい約束事などありません。サンティアゴには中高年の集まるスポーツジムやトランプの同好会があり、ダンスホールは月1回の交流の場でもあるんです。皆さん還暦以上で、子どもや若者に気兼ねすることなく、自分たちの世代で好きなロックなどを流して楽しみ、出会いを演出している。高齢化はチリも同じで、幸せ探しに年齢は関係ない、楽しまないでどうすると、皆さん前向きですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る