日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶対不可侵 「キムタク超え」を喜べない岡田准一のジレンマ

 V6の岡田准一が、ジャニーズ事務所の所属タレントとしては初の「キムタク超え」を果たした。

 昨年12月に公開された主演映画「永遠の0」の累計興行収入が9日までで82億円を突破。07年に公開されたキムタク主演の「HERO」が記録した81.5億円を抜き去ったのだ。

 これでジャニーズの所属タレントの主演作としては歴代トップに躍り出たが、この快挙を大々的にはPRできない事情があるという。

「いまだにジャニーズの中ではキムタクは絶対不可侵の存在で、スポーツ紙やワイドショーがこの快挙を“キムタク超え”という文言で報じることはタブー。配給の東宝としても、数字をアピールしたい気持ちは強いが、どうしても自社配給の『HERO』と比較されてしまう。ジャニーズとの友好関係もあるからですが、それでも、今後、さらに数字を伸ばせばニュースとして扱わざるを得ないジレンマに陥っています」(映画関係者)

 キムタク超えの美酒は、一人で味わうしかないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事