低迷「安堂ロイド」 キムタク“集中砲火”に救われた人たち

公開日: 更新日:

 木村拓哉(41)主演ドラマ「安堂ロイド」(TBS)が低空飛行を続けている。初回こそ視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったが、最近は11%台と、ギリギリ2ケタを死守。平均で13.4%と肩透かしの数字だ。

 かつて“視聴率男”と呼ばれたキムタクだけに「キムタク神話は崩壊した」「何を演じてもキムタク」などと、業界内外でバッシングが起きている。すべてキムタクの責任にされているが、そのおかげで救われた人たちが結構いる。

「木村だけに批判が集中していますが、初回の好視聴率はキムタク効果もあったわけで、その後、急落したのは中身がつまらなかったから。木村のせいだけじゃない。そもそも<アンドロイドが過去にタイムスリップして恋人を守る>という設定自体が陳腐です。安堂ロイドの脚本は、TBSのドラマ『SPEC』の西荻弓絵さんが担当していますが、木村が集中砲火を浴びているから、注目されずに済んでいる。公開中の劇場版SPECは興収20億円を突破して好調なだけに、水を差されずにホッとしているといった心境でしょう」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る