• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低迷「安堂ロイド」 キムタク“集中砲火”に救われた人たち

 木村拓哉(41)主演ドラマ「安堂ロイド」(TBS)が低空飛行を続けている。初回こそ視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったが、最近は11%台と、ギリギリ2ケタを死守。平均で13.4%と肩透かしの数字だ。

 かつて“視聴率男”と呼ばれたキムタクだけに「キムタク神話は崩壊した」「何を演じてもキムタク」などと、業界内外でバッシングが起きている。すべてキムタクの責任にされているが、そのおかげで救われた人たちが結構いる。

「木村だけに批判が集中していますが、初回の好視聴率はキムタク効果もあったわけで、その後、急落したのは中身がつまらなかったから。木村のせいだけじゃない。そもそも<アンドロイドが過去にタイムスリップして恋人を守る>という設定自体が陳腐です。安堂ロイドの脚本は、TBSのドラマ『SPEC』の西荻弓絵さんが担当していますが、木村が集中砲火を浴びているから、注目されずに済んでいる。公開中の劇場版SPECは興収20億円を突破して好調なだけに、水を差されずにホッとしているといった心境でしょう」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る