低迷「安堂ロイド」 キムタク“集中砲火”に救われた人たち

公開日:  更新日:

 木村拓哉(41)主演ドラマ「安堂ロイド」(TBS)が低空飛行を続けている。初回こそ視聴率19.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったが、最近は11%台と、ギリギリ2ケタを死守。平均で13.4%と肩透かしの数字だ。

 かつて“視聴率男”と呼ばれたキムタクだけに「キムタク神話は崩壊した」「何を演じてもキムタク」などと、業界内外でバッシングが起きている。すべてキムタクの責任にされているが、そのおかげで救われた人たちが結構いる。

「木村だけに批判が集中していますが、初回の好視聴率はキムタク効果もあったわけで、その後、急落したのは中身がつまらなかったから。木村のせいだけじゃない。そもそも<アンドロイドが過去にタイムスリップして恋人を守る>という設定自体が陳腐です。安堂ロイドの脚本は、TBSのドラマ『SPEC』の西荻弓絵さんが担当していますが、木村が集中砲火を浴びているから、注目されずに済んでいる。公開中の劇場版SPECは興収20億円を突破して好調なだけに、水を差されずにホッとしているといった心境でしょう」(TBS関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る