“濱口効果”でオファー急増! 南明奈のシタタカ人生設計

公開日: 更新日:

 18日、「よゐこ濱口優(42)と交際中のタレント、南明奈(24)がヘアケアブランド「ハニーチェ」の新商品発表会に出席。「ホワイトデーに(濱口から)お菓子をもらった。いいお付き合いをしたいですね」とノロケた。

 同席した占い師のゲッターズ飯田(38)から「今年と来年は絶好調運」と太鼓判をもらい、「やったー!」と大喜び。大きなおなかを抱えて登場した妊娠9カ月の優木まおみ(34)を見た南は「すごい表情が変わった。お母さんになるってステキなことですね。いつかは(母親に)なりたいけど、まだまだ人間として成長しないと」と控えめながらも、濱口との結婚も視野に入れていた。

 現在、レギュラーは夕方のアニメ番組1本のみ。にもかかわらず、今回の熱愛報道で再び南に注目が集まっている。この“濱口効果”も手伝って、テレビ出演やイベントのオファーは急増。濱口が「めちゃ×2イケてるッ!」や「笑っていいとも!」(ともにフジテレビ系)でイジられ、「ナインティナイン岡村隆史(43)が別のイベントで2人の交際について話すことで波及効果は絶大に。「アッキーナはいろんな意味でいい物件をつかまえた」と“評価”が上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る