日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2夜連続ドラマで本領発揮 宮沢りえが放つ“熟女”の魅力

「Santa Fe」の衝撃から二十数年、宮沢りえ(40)は押しも押されもせぬ本格派女優となった。22、23日にTBS系で放送された2夜連続ドラマ「LEADERS リーダーズ」でも、食堂の看板娘から料亭の女将となったヒロインを艶っぽく演じている。

「ささやくような話し方に色気を感じさせる所作。佐藤浩市扮する主人公と絡む場面では、彼女が醸し出す雰囲気だけで、2人の間に何かあったのだろうなあと思わせた。これぞプロの仕事。高視聴率を叩き出したドラマ『半沢直樹』のスタッフが、芸達者の役者たちを集めた作品にあっても、抜群の存在感を示していましたね」(放送ライターの堀江南氏)

■舞台でも高評価

 激ヤセから“復帰”した後は、野田秀樹や蜷川幸雄の舞台を精力的にこなし、着実に力を付けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事