1億円着服で解雇 フジ「ロンバケ」プロデューサーの“素性”

公開日:  更新日:

 SMAPの木村拓哉主演の大ヒットドラマ「ロングバケーション」(96年)などを手がけたフジテレビの有名プロデューサーが、26日付で懲戒解雇処分となった。出向先の資金を私的に流用し、被害額は1億円に上るという。

 解雇されたのは、フジの100%子会社「ストーリア」の社長だったS氏(48)。08年にフジの社内ベンチャーで、ドラマ制作のノウハウを生かしたウエディングビジネスを企画・立案し、イチから子会社を立ち上げた。

「ストーリアはS氏のワンマン企業で、社長自ら送金申請、決済を一手に担っていました。2011年1月から先月まで会社の口座から自分の口座に不正送金していましたが、いったんツマんだカネを会計上の締め日までに戻すという手口を繰り返した。そのため、約4年間も不正を見抜かれなかったのです」(フジ社員)

 こうして出し入れを繰り返したカネは総額5億円に上るというから、キムタクじゃなくても「ちょ、待てよ!」と言いたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る