1億円着服で解雇 フジ「ロンバケ」プロデューサーの“素性”

公開日: 更新日:

 SMAPの木村拓哉主演の大ヒットドラマ「ロングバケーション」(96年)などを手がけたフジテレビの有名プロデューサーが、26日付で懲戒解雇処分となった。出向先の資金を私的に流用し、被害額は1億円に上るという。

 解雇されたのは、フジの100%子会社「ストーリア」の社長だったS氏(48)。08年にフジの社内ベンチャーで、ドラマ制作のノウハウを生かしたウエディングビジネスを企画・立案し、イチから子会社を立ち上げた。

「ストーリアはS氏のワンマン企業で、社長自ら送金申請、決済を一手に担っていました。2011年1月から先月まで会社の口座から自分の口座に不正送金していましたが、いったんツマんだカネを会計上の締め日までに戻すという手口を繰り返した。そのため、約4年間も不正を見抜かれなかったのです」(フジ社員)

 こうして出し入れを繰り返したカネは総額5億円に上るというから、キムタクじゃなくても「ちょ、待てよ!」と言いたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る