1億円着服で解雇 フジ「ロンバケ」プロデューサーの“素性”

公開日:  更新日:

 SMAPの木村拓哉主演の大ヒットドラマ「ロングバケーション」(96年)などを手がけたフジテレビの有名プロデューサーが、26日付で懲戒解雇処分となった。出向先の資金を私的に流用し、被害額は1億円に上るという。

 解雇されたのは、フジの100%子会社「ストーリア」の社長だったS氏(48)。08年にフジの社内ベンチャーで、ドラマ制作のノウハウを生かしたウエディングビジネスを企画・立案し、イチから子会社を立ち上げた。

「ストーリアはS氏のワンマン企業で、社長自ら送金申請、決済を一手に担っていました。2011年1月から先月まで会社の口座から自分の口座に不正送金していましたが、いったんツマんだカネを会計上の締め日までに戻すという手口を繰り返した。そのため、約4年間も不正を見抜かれなかったのです」(フジ社員)

 こうして出し入れを繰り返したカネは総額5億円に上るというから、キムタクじゃなくても「ちょ、待てよ!」と言いたくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る