日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卵巣と子宮全摘出の元AV女優・麻美ゆまは「歌手」で再出発

「こうして皆さんにお会いできることが、とにかくうれしいんです」

 元AV女優の麻美ゆま(27)が11日、初の自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」(講談社)の出版記念握手会を開いた。昨年2月、「卵巣境界悪性腫瘍」を患い、卵巣と子宮の全摘出手術後、抗がん剤治療を行っていた。

 現在は2カ月に1回の定期検診を受けているといい、「健康に近い状況です」とニッコリ。AV復帰が難しい今後は、「音楽活動やお芝居に興味があります」。週に一度のボイスレッスンに通い、アレサ・フランクリンやフランク・シナトラの音楽を聴く日々を送っているという。新境地での活躍に期待!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事