一時借金50億円も…“AV界の帝王”村西とおるは今も現役

公開日: 更新日:

“ナイスですねぇ”“顔面シャワー”“駅弁ファック”“空からスケベが降ってくる”……。この人から生まれたこれらの言葉はAV業界の実用語になった。“AVの帝王”村西とおるさんだ。今どうしているのか。

 取材? ナイスですねえ。ワタクシはいいから、女のコをバンバン撮って下さい。宣伝、宣伝、また宣伝です」

 JR王子駅から徒歩4分、ビジネスホテル「アークホテル」の地下1階にあるライブ劇場「ハッピーアワーシアター」を訪ねると、スーツ姿の村西さんがいた。

「ここは去年の12月19日にオープンし、ワタクシがプロデュースしております。現役のトップAV嬢やグラビアアイドルたちが水着やコスプレで歌やダンスをエロく可愛くお見せする、約3時間のエンターテインメントステージです。それだけじゃない。お客さまにもご参加いただけるコーナーもあり、エロアイドルのみなさんと直接会話できるし、ハグのチャンスだってあるかもしれない。それでいて料金は当日3500円、前売りは3000円。AV嬢がいるキャバクラで1時間に2万、3万取られることを思えば格安でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る