• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界もジェネリック 石原さとみ激似グラドルがブレーク

 ドラマ「失恋ショコラティエ」で清純派からエロフェロモン系にイメチェンした石原さとみ(27)が、なぜか本人の知らないところで注目されている。

 きっかけは今野杏南(24)というグラビアアイドル。今野は、かつて「日テレジェニック2012」に選ばれて、現在はグラビアではトップクラスの人気である。

 今野の人気上昇のキッカケとなったのは露出度も高くセクシーというのもあるが、石原さとみにソックリなのである。その激似っぷりが人気を後押ししている。

「最近は石原さとみファンがたくさん乗り換えてきていますよ。顔がソックリでしかもセクシーさは石原の数倍。イベントでは握手もできるし2ショットも撮れますから、乗り換える理由はわかりますよ」(グラビア担当編集者)

 このような現象をファンの間ではジェネリックと言っているそうだ。ジェネリックといえば、薬や家電で多く使われている言葉だが、ここでは代替アイドルの意味として使われている。

 今後も新たなジェネリックアイドルの出没が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る