芸能界もジェネリック 石原さとみ激似グラドルがブレーク

公開日: 更新日:

 ドラマ「失恋ショコラティエ」で清純派からエロフェロモン系にイメチェンした石原さとみ(27)が、なぜか本人の知らないところで注目されている。

 きっかけは今野杏南(24)というグラビアアイドル。今野は、かつて「日テレジェニック2012」に選ばれて、現在はグラビアではトップクラスの人気である。

 今野の人気上昇のキッカケとなったのは露出度も高くセクシーというのもあるが、石原さとみにソックリなのである。その激似っぷりが人気を後押ししている。

「最近は石原さとみファンがたくさん乗り換えてきていますよ。顔がソックリでしかもセクシーさは石原の数倍。イベントでは握手もできるし2ショットも撮れますから、乗り換える理由はわかりますよ」(グラビア担当編集者)

 このような現象をファンの間ではジェネリックと言っているそうだ。ジェネリックといえば、薬や家電で多く使われている言葉だが、ここでは代替アイドルの意味として使われている。

 今後も新たなジェネリックアイドルの出没が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  5. 5

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  6. 6

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る