• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界もジェネリック 石原さとみ激似グラドルがブレーク

 ドラマ「失恋ショコラティエ」で清純派からエロフェロモン系にイメチェンした石原さとみ(27)が、なぜか本人の知らないところで注目されている。

 きっかけは今野杏南(24)というグラビアアイドル。今野は、かつて「日テレジェニック2012」に選ばれて、現在はグラビアではトップクラスの人気である。

 今野の人気上昇のキッカケとなったのは露出度も高くセクシーというのもあるが、石原さとみにソックリなのである。その激似っぷりが人気を後押ししている。

「最近は石原さとみファンがたくさん乗り換えてきていますよ。顔がソックリでしかもセクシーさは石原の数倍。イベントでは握手もできるし2ショットも撮れますから、乗り換える理由はわかりますよ」(グラビア担当編集者)

 このような現象をファンの間ではジェネリックと言っているそうだ。ジェネリックといえば、薬や家電で多く使われている言葉だが、ここでは代替アイドルの意味として使われている。

 今後も新たなジェネリックアイドルの出没が楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る