主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”

公開日: 更新日:

 フジテレビの看板ドラマ枠「月9」が迷走を続けている。今クールは尾野真千子(32)が主演の「極悪がんぼ」。初回(14日)は視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、月9作品としてはかなり異質だ。同名の人気コミックが原作の「裏社会エンターテインメント」。トレンディーとも恋愛とも無縁の物語なのである。

 フジは、ドラマ改革の一環で、月9を「キラキラ」から「ギラギラ」にするという。その具体化が同作になるわけだが、出演者の椎名桔平(49)は制作発表会見で「ボクにとっては『笑っていいとも!』が終わるくらいの大事件」と話していた。

■主役級がズラリ

 視聴者だって違和感を覚えている。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「豪華なVシネマという印象でした。初回は全キャストの顔見せで、ストーリーが本格展開するのは次回からでしょうが、出る人すべてが主役級。それもぜいたくに使っていて、オダギリジョーなんてワンシーンだけです。ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る