日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”

 フジテレビの看板ドラマ枠「月9」が迷走を続けている。今クールは尾野真千子(32)が主演の「極悪がんぼ」。初回(14日)は視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、月9作品としてはかなり異質だ。同名の人気コミックが原作の「裏社会エンターテインメント」。トレンディーとも恋愛とも無縁の物語なのである。

 フジは、ドラマ改革の一環で、月9を「キラキラ」から「ギラギラ」にするという。その具体化が同作になるわけだが、出演者の椎名桔平(49)は制作発表会見で「ボクにとっては『笑っていいとも!』が終わるくらいの大事件」と話していた。

■主役級がズラリ

 視聴者だって違和感を覚えている。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「豪華なVシネマという印象でした。初回は全キャストの顔見せで、ストーリーが本格展開するのは次回からでしょうが、出る人すべてが主役級。それもぜいたくに使っていて、オダギリジョーなんてワンシーンだけです。ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事