• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”

 フジテレビの看板ドラマ枠「月9」が迷走を続けている。今クールは尾野真千子(32)が主演の「極悪がんぼ」。初回(14日)は視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが、月9作品としてはかなり異質だ。同名の人気コミックが原作の「裏社会エンターテインメント」。トレンディーとも恋愛とも無縁の物語なのである。

 フジは、ドラマ改革の一環で、月9を「キラキラ」から「ギラギラ」にするという。その具体化が同作になるわけだが、出演者の椎名桔平(49)は制作発表会見で「ボクにとっては『笑っていいとも!』が終わるくらいの大事件」と話していた。

■主役級がズラリ

 視聴者だって違和感を覚えている。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「豪華なVシネマという印象でした。初回は全キャストの顔見せで、ストーリーが本格展開するのは次回からでしょうが、出る人すべてが主役級。それもぜいたくに使っていて、オダギリジョーなんてワンシーンだけです。ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る