ASKA“愛人”マンション 借り主はカタカナ派遣会社関連

公開日:  更新日:

財界にも波及したシャブ&ASKAの衝撃

 シャブ&ASKA(本名・宮崎重明=56)逮捕の余波は、音楽業界のみならず財界にまで波及してきた。ネット上では、パソナグループ代表の南部靖之氏(62)の名前が飛び交っている。同社の会長は安倍政権下で完全復権を果たしたアノ男だ。

「ASKAと南部氏が旧知の仲であることは確かです。01年8月にASKAが『笑っていいとも!』に出演した際、南部氏は一番大きな花輪を贈っている。06年1月のパソナの社内イベントにもASKAが出席しています。南部氏は12年6月から日本コロムビアの社外取締役に就任し、音楽業界との関わりも深い」(同社事情通)

 ASKAが“愛人”の栩内香澄美容疑者(37)と知り合ったのは〈会社代表が主催するパーティーともいわれている〉なんて報道まで流れている。
 パソナグループといえば東証1部上場、日本でも指折りの人材派遣会社だ。政官界とのパイプも太い。09年から会長を務めるのは竹中平蔵元総務相。現在は安倍政権の有識者会議で労働分野の規制改革を進めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る