売名批判もASKAもドンと来い!ド根性グラドル岸明日香

公開日:  更新日:

 25日、グラビアアイドルの岸明日香(23)が初写真集「Asuka」(ワニブックス)発売記念イベントを開催。Gカップを強調したピンクのビキニ姿で登場すると、「写真集を出したいと思ってグラビアを始めたので、念願かなってひとつの目標が達成できた」と喜んだ。

 今月8日、女性週刊誌に「ロッチ」のコカドケンタロウ(35)とのお泊まりデートを報じられたばかり。「連絡は取っていません。お友達なので気まずくないですけど、気を使ってくれているんだと思います」と改めて熱愛を否定すると、「マネジャーさんが怖くて。夜中12時ごろに電話がかかってくるんです。事務所が恋愛解禁してないので当分ないと思います」と仕事一筋を強調した。

■ちゃっかり告知

 11日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で熱愛を否定した際には、番組内で西川史子(43)に「(相手がコカドだから)売名行為にならないよね」と言われると、岸は「(売名行為とは)違います! でも写真集は出ます」とちゃっかり告知。この日のイベントでも「お芝居ももっといろいろチャレンジしたい。今年の夏に公開される『ハニー・フラッパーズ』もメーンキャストで出させていただいているのでそちらも注目してほしい」とさりげなく宣伝したり、ヒロイン役で出演する映画「oh!透明人間 インビジブルガール登場!?」のビラが配られるなど、用意周到だった。

 さらに、名前が同じということで覚醒剤所持で逮捕されたASKA(56)について聞かれても「大ファンなので、またすてきな音楽が聴きたいです」としっかりコメント。売名疑惑もASKA事件も「どんと来い精神」で受け止める岸。“ド根性”は大根だけじゃなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る