若さの秘訣は“尻の穴” 「あばれはっちゃく」久里千春は今

公開日: 更新日:

 50代なら「トッポ・ジージョの恋人」、40代なら「あばれはっちゃくのお母さん役」として記憶にあるだろう。女優・声優・司会業とマルチで活躍した久里千春さん(75)だ。ダンナでトッポ・ジージョ役の声優としても知られた山崎唯さんを亡くしたのが90年。前後に芸能活動を休止したものの、一時は「おもいッきりテレビ」などで復帰した。しかし、最近は画面であまり見かけない。今どうしているのか。

 待ち合わせたのは東京・港区のシェラトン都ホテルの喫茶店。登場したのは、およそ75歳には見えない華やかな女性、それが久里さんだった。

 あれま~、どうしてそんなに奇麗なの?

「エヘヘ、お尻の穴です」

 さすが、マルチタレント、しょっぱなから飛ばしてくれる。

「ちょうど『おもいッきりテレビ』に私が出てた日、更年期障害の特集をしてて、『この病気になると汗をかく』っていう話をしてたのね。そういえば、私もその頃、妙な汗をかくし、当日も汗ダラダラだったので、ゲストの先生にその話をしたんです。すると、<間違いなく更年期障害です>って。後日、その先生に診断していただき、“どうしたら治りますか?”ってお聞きしたら、“肛門の筋肉をキュッ、キュッと締めるといい”と教わったんです。確かにやってみると、1週間ぐらいで血色は良くなってくるし、それまでダル重かった体調も治ってきた。もちろん、食事や運動も気をつけるようになりましたが、なんといっても肝心要はズバリ『肛門』。その話をアチコチでしてたら、講演の話が舞い込んできて」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る