本田圭佑とは親戚…レスリングで活躍した本田多聞さんは今

公開日:  更新日:

レスリングスクールで30人を指導

 アマチュア時代には五輪に3度出場し、“アマレスの神様”と呼ばれ、プロ転向後は“原人”“赤鬼”とファンに愛された本田多聞さん(50)。09年にノアを離れてフリーになってからは、あまり消息を聞かなくなった。今どうしているのか。

「選ばれるとは思ってたけど、代表に名前を連ねてるのを見ると、改めて身が引き締まる思いですね。といっても、ワタシがサッカーをやるわけじゃないけど、ハハハ。テレビなんかで見る印象とは違って、圭佑選手は真面目な努力家ですよ。話せばすぐわかります」

 横浜は田園都市線江田駅に近いカフェで会った本田さん、まずはこういった。「圭佑選手」とはもちろん、サッカー日本代表の本田圭佑のこと。本田さんと本田圭佑の父親とはいとこの間柄だ。

「ワタシには子供がいないでしょ。だから、孫の世代に当たる圭佑選手が北京オリンピックに出たとき、本田家の家系から3代にわたってオリンピアンが誕生したと、東京オリンピックのカヌー選手だった父はうれしかったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る