日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リアリティが売りなのに…「MOZU」で気になる“時代錯誤”

「ドラマとしては面白いんだけど、細かいところが気になる」
 そんな声もある。

 重厚な警察ドラマ「MOZU」はTBSとWOWOWの共同制作。鳴り物入りで始まっただけに力作であることは伝わってくる。

 初回の爆破シーンも迫力があった。それにセットや小道具など、リアルな描写が売りだけに、逆にアラが目立ってしまうようだ。

「西島秀俊も真木よう子も公安の刑事なのに、レストランとか、物静かなバーで捜査情報を交換してるだろ。背後に人がいてもお構いなしで、それも周りに聞こえるような声で。絶対あり得ないよね」(警察関係者)

 公安の刑事といっても地方公務員だ。西島が自分の部屋で腕立て伏せをするのは勝手だが、そもそも部屋が広すぎるし、ゴージャスすぎるというツッコミもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事