リアリティが売りなのに…「MOZU」で気になる“時代錯誤”

公開日: 更新日:

「ドラマとしては面白いんだけど、細かいところが気になる」
 そんな声もある。

 重厚な警察ドラマ「MOZU」はTBSとWOWOWの共同制作。鳴り物入りで始まっただけに力作であることは伝わってくる。

 初回の爆破シーンも迫力があった。それにセットや小道具など、リアルな描写が売りだけに、逆にアラが目立ってしまうようだ。

西島秀俊真木よう子も公安の刑事なのに、レストランとか、物静かなバーで捜査情報を交換してるだろ。背後に人がいてもお構いなしで、それも周りに聞こえるような声で。絶対あり得ないよね」(警察関係者)

 公安の刑事といっても地方公務員だ。西島が自分の部屋で腕立て伏せをするのは勝手だが、そもそも部屋が広すぎるし、ゴージャスすぎるというツッコミもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

もっと見る