リアリティが売りなのに…「MOZU」で気になる“時代錯誤”

公開日: 更新日:

「ドラマとしては面白いんだけど、細かいところが気になる」
 そんな声もある。

 重厚な警察ドラマ「MOZU」はTBSとWOWOWの共同制作。鳴り物入りで始まっただけに力作であることは伝わってくる。

 初回の爆破シーンも迫力があった。それにセットや小道具など、リアルな描写が売りだけに、逆にアラが目立ってしまうようだ。

「西島秀俊も真木よう子も公安の刑事なのに、レストランとか、物静かなバーで捜査情報を交換してるだろ。背後に人がいてもお構いなしで、それも周りに聞こえるような声で。絶対あり得ないよね」(警察関係者)

 公安の刑事といっても地方公務員だ。西島が自分の部屋で腕立て伏せをするのは勝手だが、そもそも部屋が広すぎるし、ゴージャスすぎるというツッコミもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    中居正広がTVから消える? レギュラー2本に“消滅危機”情報

  4. 4

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  8. 8

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  9. 9

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  10. 10

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る