• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リアリティが売りなのに…「MOZU」で気になる“時代錯誤”

「ドラマとしては面白いんだけど、細かいところが気になる」
 そんな声もある。

 重厚な警察ドラマ「MOZU」はTBSとWOWOWの共同制作。鳴り物入りで始まっただけに力作であることは伝わってくる。

 初回の爆破シーンも迫力があった。それにセットや小道具など、リアルな描写が売りだけに、逆にアラが目立ってしまうようだ。

「西島秀俊も真木よう子も公安の刑事なのに、レストランとか、物静かなバーで捜査情報を交換してるだろ。背後に人がいてもお構いなしで、それも周りに聞こえるような声で。絶対あり得ないよね」(警察関係者)

 公安の刑事といっても地方公務員だ。西島が自分の部屋で腕立て伏せをするのは勝手だが、そもそも部屋が広すぎるし、ゴージャスすぎるというツッコミもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る