「0909させて」本田恭章 「作詞してくれる方探してます」

公開日:  更新日:

“ビジュアル系”“イケメン”なんて言葉がなかった82年、お化粧バッチリの美少年ロックシンガーがデビューした。「0909(ワクワク)させて」の本田恭章さん(49)だ。ファッションリーダー的存在でもあった本田さん、今どうしているのか。

「2年前、デビュー30周年を迎えました。でも、ボクにとってはその前の25周年の方が節目でしたね。32曲入りのベスト盤を出したんですが、1年くらいかけてすべて自分で録音をし直したから、燃え尽き症候群にとりつかれちゃいまして。で、今は周りから尻を叩かれてボチボチ曲を作り、ライブもボチボチって感じでしょうか」

■「印税がどうのとか言わない方を」

 王子然とした外見とクール&ミステリアスな雰囲気は昔のイメージのまんまの本田さん、まずはこういった。
「あと、近況でいえば、今月、86年までに出したシングル9枚のAB面、計18曲を収録した『ゴールデン☆ベスト コンプリート・シングルス』が発売になりました。かつてお世話になった事務所から、“出しませんか?”って声をかけていただいたんです。ホント、ありがたいことだけど、もっと自分から積極的に仕事しなくちゃいけないのはわかってます。それで目下、新しい刺激を得るため、ボクの曲の作詞をしてくださる方を探してるんです。ただし、印税がどうのとか言わない方を、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る