「0909させて」本田恭章 「作詞してくれる方探してます」

公開日: 更新日:

“ビジュアル系”“イケメン”なんて言葉がなかった82年、お化粧バッチリの美少年ロックシンガーがデビューした。「0909(ワクワク)させて」の本田恭章さん(49)だ。ファッションリーダー的存在でもあった本田さん、今どうしているのか。

「2年前、デビュー30周年を迎えました。でも、ボクにとってはその前の25周年の方が節目でしたね。32曲入りのベスト盤を出したんですが、1年くらいかけてすべて自分で録音をし直したから、燃え尽き症候群にとりつかれちゃいまして。で、今は周りから尻を叩かれてボチボチ曲を作り、ライブもボチボチって感じでしょうか」

■「印税がどうのとか言わない方を」

 王子然とした外見とクール&ミステリアスな雰囲気は昔のイメージのまんまの本田さん、まずはこういった。
「あと、近況でいえば、今月、86年までに出したシングル9枚のAB面、計18曲を収録した『ゴールデン☆ベスト コンプリート・シングルス』が発売になりました。かつてお世話になった事務所から、“出しませんか?”って声をかけていただいたんです。ホント、ありがたいことだけど、もっと自分から積極的に仕事しなくちゃいけないのはわかってます。それで目下、新しい刺激を得るため、ボクの曲の作詞をしてくださる方を探してるんです。ただし、印税がどうのとか言わない方を、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る