BPO新委員・鈴木嘉一氏が語る テレビ業界の異常事態

公開日:  更新日:

NHK籾井体制の影響が出るのはこれから

 テレビ界では今、何が起こっているのか。約30年間記者として業界をウオッチし続け、6月から放送倫理・番組向上機構(BPO)の新委員となったジャーナリストの鈴木嘉一氏に聞いた――。

 1985年から放送界を取材し、籾井勝人さんで9人目となるNHK会長の言動も追ってきましたが、今の籾井体制は異常事態が続いていると言わざるをえませんね。

 1月の就任会見では、「(国際放送で)政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」などと、公共放送の独立性を疑わせる問題発言が飛び出し、世論の集中砲火を浴びました。理事全員に日付のない辞表を出させたことも明らかになり、4月初めまでに寄せられた視聴者の声は3万8000件。3分の2は厳しい意見で占められ、市民団体から辞任要求も突きつけられました。

 NHK会長に就任すると、各新聞社などの個別インタビューを受けるのが通例ですが、籾井会長はいまだに受けていません。国内外の要人たちを招く日本記者クラブの会見にも応じていない。JR東海から来た前任の松本正之さんは就任の翌月、日本記者クラブで抱負や課題を語りましたよ。籾井会長は問題発言でたびたび呼ばれた国会を除くと、局内で毎月開かれる定例会見と、4月の「謝罪テレビ出演」くらいでしか公式の発言をしていないんじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る