BPO新委員・鈴木嘉一氏が語る テレビ業界の異常事態

公開日: 更新日:

NHK籾井体制の影響が出るのはこれから

 テレビ界では今、何が起こっているのか。約30年間記者として業界をウオッチし続け、6月から放送倫理・番組向上機構(BPO)の新委員となったジャーナリストの鈴木嘉一氏に聞いた――。

 1985年から放送界を取材し、籾井勝人さんで9人目となるNHK会長の言動も追ってきましたが、今の籾井体制は異常事態が続いていると言わざるをえませんね。

 1月の就任会見では、「(国際放送で)政府が右と言うことを左と言うわけにはいかない」などと、公共放送の独立性を疑わせる問題発言が飛び出し、世論の集中砲火を浴びました。理事全員に日付のない辞表を出させたことも明らかになり、4月初めまでに寄せられた視聴者の声は3万8000件。3分の2は厳しい意見で占められ、市民団体から辞任要求も突きつけられました。

 NHK会長に就任すると、各新聞社などの個別インタビューを受けるのが通例ですが、籾井会長はいまだに受けていません。国内外の要人たちを招く日本記者クラブの会見にも応じていない。JR東海から来た前任の松本正之さんは就任の翌月、日本記者クラブで抱負や課題を語りましたよ。籾井会長は問題発言でたびたび呼ばれた国会を除くと、局内で毎月開かれる定例会見と、4月の「謝罪テレビ出演」くらいでしか公式の発言をしていないんじゃないですか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る